• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > くらし・環境部長室 > 地震によって自宅で命を落とさないよう、木造住宅の耐震化に向けて、専門家による相談を始めます!

ここから本文です。

更新日:令和2年5月25日

地震によって自宅で命を落とさないよう、木造住宅の耐震化に向けて、専門家による相談を始めます!

平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災では、死者総数5,483人のうち78.9%の4,330人が自宅で亡くなりました。南海トラフ地震の発生が予想される中、県では一人でも多くの皆様の命を守るため、平成13年から「TOUKAI-0(東海・倒壊-ゼロ)」として木造住宅の耐震化の取組をスタートし、平成28年には、耐震化率95%を目標に掲げ、更なる取組を進めてきました。
しかし、現在公表されている平成25年度末の住宅の耐震化率は、82.4%にとどまっています(平成30年度末の耐震化率は今年10月公表予定)。

令和2年度末の住宅の耐震化率95%の達成に向けて、木造住宅の耐震化を更に進めていくため、建築士等の専門家に無料で相談ができる戸別訪問制度を開始します。
具体的には、これまでに補助金を使って補強計画を立てている方で、まだ補強工事を行っていない方を対象に、専門家による相談が可能な戸別訪問等の希望の有無をお聞きする往復はがきを6月中旬に送付します。

戸別訪問では、リーフレットなどを用いて、専門家がわかりやすく住宅の耐震化について説明するとともに、工事にかかる費用の概算や工事期間、どこを工事すれば良いのかなど様々な不安や疑問について相談できます。
補強工事に補助金を使える期間は今年度限りです。ぜひ制度を御活用いただきながら疑問や不安を解消し、ご自身やご家族をはじめ、遊びに来られるお孫さんや友人の命を守るため、まずはお住まいの地震対策を始めましょう。

耐震化リーフレット
【図:きっかけリーフレット~あの人はなぜ耐震補強をおこなったのか?~】

耐震化説明写真
【写真:過去の戸別訪問の様子】

お問い合わせ

くらし・環境部建築住宅局建築安全推進課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3320

ファックス番号:054-221-3567

メール:kenchikuanzen@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?