• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活に関するお知らせ > 静岡県くらしのめ~ル第103号

ここから本文です。

更新日:平成28年8月13日

静岡県くらしのめ~ル第103号(2016年1月8日配信)

2016年がはじまりました!乾燥する季節です。暖房器具の取扱いに注意しましょう。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

皆様は年末年始をどのように過ごされたでしょうか。

年明けは、年末年始のゆったりとした雰囲気が残って注意が散漫になりがちですので、暖房器具の取扱いに注意しましょう。

特に、「年末年始は暖房をつけっぱなしだった」という方は注意が必要です。

電気ストーブを使用中の火災に注意!

ストーブによる火災に注意しましょう。カーボンヒーターやハロゲンヒーター、温風器等の電気ストーブ類は炎が出ていないため安全に見えますが、熱があるので火災の危険があります。
ストーブの近くに布団・衣類や雑誌を置いておくと接触して出火する可能性があるため、ストーブの周囲には物を置かないようにしましょう。

使用しないときは電源プラグをコンセントから抜いておくと予防につながります。また、寝る時や部屋を離れる時は必ずスイッチを切りましょう。

「古い灯油」は「不良灯油」になる可能性があります!

灯油は、正しく保管しないと日光や熱により変質したり、水や別の油などの混入により「不良灯油」になることがあります。

不良灯油を石油暖房機具に使用すると、故障や異常燃焼につながり大変危険です。

シーズン中に使いきれなかった場合や、長期保管により変質の可能性がある灯油は決して使用せず、購入した石油販売店に相談して安全に廃棄しましょう。また、灯油を保管する場合は専用の容器に入れ、日光があたらず雨の入らない場所に置いておきましょう。

 

 

「フードバンクふじのくに」では「フードドライブ」キャンペーンを実施しています!(イベントは終了しました)

まだ食べられるのに捨てられてしまう食品を、本当に食べ物を必要としている方々に届ける“フードバンク活動”については、くらしのめ~ル
101号でご紹介しました。
この活動に取り組む「NPO法人フードバンクふじのくに」では、1月29日(金曜日)まで、ご家庭で不要となった食品を寄付していただく「フードドライブ」キャンペーンを実施しています。

県内のふじのくにNPO活動センターなど約80箇所が引き受け場所となっています。

持ち込む食品には条件がありますので、詳しくは「NPO法人フードバンクふじのくに」(電話)054-248-6177へお問合せください。

 

参加無料!「消費者志向経営実践シンポジウム」を開催します。

静岡県と消費者庁の共催により、『消費者志向経営実践シンポジウム』を開催します。
このシンポジウムでは、企業の危機管理・不祥事対応などに詳しい弁護士の基調講演のほか、顧客対応体制・内部通報制度・リスク管理に積極的に取り組む企業事例を紹介し、企業の持続的発展に役立つ実践的な情報を提供いたします。

日時:平成28年1月29日(金曜日)後2時~4時30分(受付後1時30分~)

場所:静岡県男女共同参画センター「あざれあ」2F大会議室(静岡市駿河区馬渕1-17-1)

対象:企業経営者、管理職等(定員100名)

申込:電話又はインターネットよりお申込みください。

電話番号03-6808-7222(消費者志向経営実践シンポジウム事務局)
インターネットhttps://digra-digra.sakura.ne.jp/sympo/form.php

 

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2175

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?