• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活に関するお知らせ > 静岡県くらしのめ~ル第108号

ここから本文です。

更新日:平成28年8月13日

静岡県くらしのめ~ル第108号(2016年3月22日配信)

新生活を始める4月は特に契約上のトラブルに注意しましょう。

入社や入学・転勤など、多くの人が新しい暮らしを始めるこの季節。
環境が変わったり、慣れない作業をしたりと慌しい時期は、気持ちにゆとりがなくなりがちですので、いつも以上に契約上のトラブルに注意
しましょう。

新たな生活のスタートにあたり、若者に多い相談事例とアドバイスをご紹介します。

ご自身だけでなく、家族や友人に生活環境が変わるという方がいたら、ぜひ話題にしてみてください。

事例1貸マンション退去時にリフォーム代を求され、敷金が返ってこない。

アドバイス

  • 賃料には、日常生活で想定される自然損耗の復旧費が含まれていますので、マンション退去時には、自然損耗以上の損傷を復旧する以外、費用を負担する必要はありません。
  • しかし、賃貸マンション退去時に、あらゆる損傷の補修費や、敷金を上回るリフォーム代・クリーニング代を賃借人が請求されるトラブルが多く寄せられています。入居時は、部屋の状態の記録を大切に保管しましょう。また退去時は、貸主・賃借人双方立会いの下に記録を残しておきましょう。
  • 納得できない請求には、国土交通省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」(外部サイトへリンク)を参考に交渉をしましょう。

事例2マートフォンを操作中、誤ってボタンを押したら会員登録され、料金を請求された。

アドバイス

  • 「誤作動・解約の場合はこちら」という表示が出ていても、操作や連絡はしないようにしましょう。まだ知られていない個人情報を相手に伝えてしまうことになりかねません。
  • 相手から言われるがままに、プリペイドカードや電子ギフト券を購入したり、カード番号を伝えたりしてはいけません。
  • 請求画面が消えない場合は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のホームページ(外部サイトへリンク)等を参考にしてみてください。

賀茂地域に消費生活センターがオープンします!

平成28年4月1日に、下田市、賀茂郡5町、静岡県が共同で設置する「賀茂広域消費生活センター」がオープンします。

このセンターでは、賀茂地域に在住、在勤、在学している方からの消費生活相談について、消費生活相談員が、秘密厳守で電話や面談で親身になって相談に応じます。

消費生活に関するトラブルのほか、契約をするときの疑問など、不安を感じたら実際にトラブルにあっていなくても、まずは御相談ください。

専門の立場から、問題解決のための助言や情報提供を受けることができ、相談いただくことでトラブルや被害の拡大防止につながります。

また、当センターでは消費生活相談以外にも、行政機関への問合せや離婚・相続の手続き等民事上の幅広い相談に応じる県民相談も実施しています。

賀茂広域消費生活センター
【所在地】下田総合庁舎6階田市中531-1(伊豆急下田駅から徒歩15分)
【電話番号】費生活相談0558-24-2299民相談0558-24-2199
【受付時間】日午前9時~12時、午後1時~3時(祝日、年末年始を除く)

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2175

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?