• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活に関するお知らせ > 静岡県くらしのめ~ル第68号

ここから本文です。

更新日:平成26年10月7日

静岡県くらしのめ~ル第68号(2014年7月25日配信)

「商品テスト情報」パンフレットを発行しました!!

静岡県環境衛生科学研究所では、話題の商品や相談や苦情が寄せられる商品について、成分の含有量や品質、安全性等に関する様々なテストを行っています。

テスト結果をまとめた「商品テスト情報」パンフレットを発行しましたので御紹介します。

健康食品を上手に利用しよう!「ウコン健康食品」

CMでお馴染みの「ウコン健康食品」。胃を丈夫にしたり、肝臓の機能を高めることから、お酒をよく飲む人に効果的とうたわれる多くの商品が販売されています。

ウコン健康食品の機能性成分等の分析評価を行った結果、機能性成分として知られるクルクミン類の含有量や、体内での消化・吸収のされやすさについて、商品によって大きな差があることがわかりました。原材料に、成分が濃縮されたエキス末が使用されているカプセル剤や錠剤では、クルクミン類含有量が特に多いようです。

 

ウコンは、過剰に長期間摂取した場合、消化管障害などが起きる可能性があるため注意が必要です。購入時には、製品に記載された原材料や含有量に関する情報をチェックしましょう。

知って納得「味噌中のイソフラボン」

日本食に欠かすことのできない「味噌」。この味噌に含まれるイソフラボンは、身体の酸化を防いだり、骨の健康を保つ作用があるとして注目を集めている機能性成分です。イソフラボンの持つ美しい肌を保つ効果や骨粗しょう症予防効果を期待して、大豆加工食品等を摂取する消費者も少なくありません。

 

味噌汁一杯当たりのイソフラボン量は1.6~13.2mgと、味噌の種類によってイソフラボンの種類や量が異なることがわかりました。

 

食品からのイソフラボンの一日摂取目安量の上限値は、75mgとされていますが、今回の結果から、1日3食の味噌汁を摂取した場合であっても、イソフラボンの摂取量は一日摂取目安量の範囲内と考えられます。

ちょっと気になる「柔軟剤の香り成分」

柔軟剤には衣類を柔らかく仕上げ、静電気を防止する等のメリットがありますが、最近、着用時の香りを楽しむために柔軟剤を使う人が増えています。

一方で、衣服に残る柔軟剤の香りや干してある洗濯物の香りで体調不良になった…等、柔軟剤の香りに関する相談が急増しています。

そこで、柔軟剤の香料や使用量の違いによる香りの強さについて調査を行ったところ、柔軟剤には複数の香料が使用されており、使用量が増えるほど、香料成分の衣類への残存量も増え、香りが強くなることがわかりました。

 

自分が慣れた香りは、感じにくくなり、同じ柔軟剤を使用し続けると、香りを強くしようと使用量が徐々に増えてしまうことがあります。柔軟剤の香りの感じ方は個人差が大きく、使用者本人にとっては快適な香りでも、他人にとっては不快に感じることもあるため、使用量が過度にならないように周囲の人への配慮も必要です。

 

今回御紹介した内容の詳細や過去の商品テスト情報は、当研究所ホームページ(外部サイトへリンク)に掲載していますので、ぜひ御覧ください。パンフレットは、各県民生活センターでも配布しています。

 

「商品テスト実習講座」の御案内

静岡県環境衛生科学研究所では、消費者グループや親子を対象に、実験を中心とした啓発講座「商品テスト実習講座」を行っています。講座を通して身の回りの様々な商品に対する関心を高め、さらに身近な科学的事象に興味をもってもらうことで、「自ら学び自立する消費者」の育成を目指しています。 

講座は無料で、小学校高学年以上を対象に、県内各地での開催が可能です。詳細については当研究所にお問い合わせください。

講座の内容(全6テーマ)

  1. ジュースや果物に含まれる糖分とビタミンCを調べてみよう
  2. 牛乳パックで再生紙はがきを作ろう!
  3. 卵の鮮度の見分け方などを学んでみよう
  4. 食品の色の性質について学んでみよう
  5. スナック菓子などに含まれる脂質を調べてみよう
  6. 野菜や果物で電池を作ろう

講座について

  • 講座は平日の開催で、1テーマ、2時間程度です。
  • 県内各地での開催が可能ですが、講座を希望される方には、開催場所の確保をお願いしています。
  • 器具の数に限りがありますので、講座の募集人数は、親子15組又は30人程度としてください

【問合わせ先】

〒420-8637

静岡市葵区北安東四丁目27-1

静岡県環境衛生科学研究所

医薬食品部
電話:054-245-7684(平日8時30分~17時15分)

FAX:054-245-7636

ホームページはこちら(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2175

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?