• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活に関するお知らせ > 静岡県くらしのめ~ル第73号

ここから本文です。

更新日:平成27年2月24日

静岡県くらしのめ~ル第73号(2014年10月10日配信)

インターネットサイトを見ていたら、突然会員登録されてしまった!?

スマートフォンや携帯電話、パソコンなどでインターネットサイトを閲覧していたところ、突然会員登録画面になり、登録料金の請求メールが来るようになってしまった、請求画面が出てきて消えなくなってしまったという、ワンクリック請求に関する相談が毎年多く寄せられています。

業者は、アダルト情報サイトや出会い系サイト、無料占いサイト、動画サイト、さらには迷惑メールのリンクなど、多様な手段でいつの間にか消費者を悪質サイトに誘導し、「会員登録が完了しました」などと言って、金銭を支払わせようとします。

請求画面にIPアドレスや携帯電話の識別番号などを表示し、消費者個人を特定したように思わせたり、「不正アクセスの被害届を出す」「払わないと調査をして取り立てる」などと消費者を不安にさせて請求することもあります。

トラブルに巻き込まれないためのアドバイス

不用意にアクセスしない・クリックしない

ワンクリック請求では、「年齢確認」「動画」等をクリックしたところ請求画面が貼りついてしまったという事例が多いので、画面をよく読まず安易にそのようなボタンをクリックしないようにしましょう。

特に、「はい」ボタンの周辺に有料である旨の表示が記されているような場合には、当該表示を理由として請求をされることがありますので、注意してください。

ワンクリック請求に遭ってしまったら

請求画面が貼りついてしまっても、慌てて業者に連絡しない

サイトにアクセスしただけで、相手方に個人情報を知られていることは通常ありません。焦って業者に連絡してしまうと、かえって氏名、住所などを業者に知らせることになりかねませんので、絶対に業者に連絡をしないようにご注意ください。

言われるままに支払をしない

利用料金の請求を受けても契約が成立していない場合が多いので、慌てて請求金額を支払わないようにしましょう。また、業者に関わりたくない、周囲に知られたくないなどの理由で一度でも料金を支払ってしまうと、それ以降も様々な理由をつけて料金を請求されるなど二次被害につながる恐れがあります。

請求画面の消し方はIPA(独立行政法人情報処理推進機構)のサイトまで

http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert20080909.html(外部サイトへリンク)

消費者ホットラインって?

くらしのめ~ルでも毎度おなじみの消費者ホットラインについてご紹介します。

手順

  • 電話をかけると、お住まいの郵便番号を入力するようガイダンスが流れる。
  • 郵便番号を入力すれば、お住まいの地域の自治体の消費生活相談窓口に電話がつながる。
  • 郵便番号が分からない場合、ガイダンスで消費生活相談窓口の電話番号が案内される。

相談内容

  • 悪質商法に関する相談や、事業者との契約に関するトラブル
  • 商品や広告などの不適切な表示に関する事業者とのトラブル
  • 安全性を欠く製品等による身体への被害など

お受けした相談内容は、社会全体の課題の解決につなげるため、個人が特定されないようにしたうえで全国統一のデータベースに集約され、消費者の皆さんへの注意喚起や、違法・不当な事業者に対する処分や差止請求訴訟の提起などに役立てられています。

あなたの相談や情報提供が、誰かの助けになるかもしれません。消費生活に関してお悩みがあれば、まず消費者ホットラインに相談してみてはいかがでしょうか。

 

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2175

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?