• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活に関するお知らせ > 静岡県くらしのめ~ル第77号

ここから本文です。

更新日:平成27年2月24日

静岡県くらしのめ~ル第77号(2014年12月12日配信)

年末年始の里帰り、ご家族やご友人に異変はありませんか?

年末年始は、普段あまり会えないご家族やご友人に会う機会も多く、待ち遠しいですよね。

こんな時期こそ、悪質商法の被害防止について話題にしていただくチャンスです!

大切なご家族やご友人に以下のような異変がないか、少し気にかけていただけませんか?

こんな様子に「ピン!」ときたらすぐ相談!

  • いつもより表情が暗く元気がない
  • 請求書や督促状がたまっている
  • 見慣れないカタログや封筒がある

上記に当てはまったら要注意!もしかしたら悪質商法の被害に遭っているかもしれません。まずはご本人のお話を聞き、悪質商法の被害に遭っているようなら消費生活相談窓口にご相談ください。

特に高齢者は、自分で被害に気づいていないことや、悩みを言い出せないことが多くあり、被害防止には周りの皆さんの見守りと声かけが必要です。

ご本人が相談をためらっているようであれば、皆さんから窓口にご相談いただくこともできますので、ぜひ、お力になってあげてください。

 

上記の他にも、見守りに役立つポイント満載の『ピン!トBOOK』が特設ホームページ(外部サイトへリンク)からダウンロードいただけます。

ご家族やご友人皆さんでご覧いただき、地域の皆さんを見守るヒントにしてください。

食品加熱時の突沸に注意!

寒さも一段と増してまいりました。

暖かいものを召し上がる機会も増えるかと思いますが、食品を加熱した際に急激な沸騰が起こり、中身が飛び散ることがあります。

電子レンジで飲み物を温める場合、温めすぎないようにし、もし、温めすぎた場合は加熱が終了しても容器をすぐに取り出さず、扉を開けないで1~2分冷ましましょう。

また、ガスこんろやIHクッキングヒーターを使って液体を温めなおすときは、火力を弱めにし、かき混ぜながら行いましょう。

ノロウイルスによる食中毒にご注意!

 

ノロウイルスによる食中毒が流行する季節になりました。年間の発生件数のうち約76%が12月から3月までに集中しており、特に12月と1月の2ヶ月間で半数近くを占めています。

楽しく年末年始を迎えるために、こんなことに注意しましょう。

食中毒を予防するために

  • 手洗いの徹底

調理を行う前、食事の前、トイレに行った後、下痢等の患者の汚物処理をした後には必ず手洗いをしましょう。

石鹸は十分に泡立て、流水で十分にすすぎ、清潔なタオル等で拭きます。

  • 調理器具等の殺菌

調理器具等は、洗剤などを使用して十分に洗浄した後、家庭用の塩素系漂白剤を薄めた液で浸すように拭くことで殺菌できます。

熱湯で1分以上加熱することも有効です。

  • 十分な加熱
ノロウイルスの汚染のおそれがある二枚貝などの食品の場合は、中心部が85~90℃で90秒以上の加熱が望まれます。

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2175

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?