• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活に関するお知らせ > 静岡県くらしのめ~ル第82号

ここから本文です。

更新日:平成28年8月13日

静岡県くらしのめ~ル第82号(2015年2月27日配信)

消費者教育推進フォーラムin静岡を開催しました。

静岡県では、平成26年3月に「静岡県消費者教育推進計画」を策定し、消費者教育の推進に取り組んでいます。

このたび、多様な主体が連携し、学校を中心とした消費者教育を具体的に推進していくための課題や今後の地域における「つながり」の方策を考えるきっかけの場とするため、2月17日火曜日、静岡市駿河区のグランシップにおいて、「消費者教育推進フォーラムin静岡」が開催されました。

このイベントは、消費者庁と文部科学省のコラボレーションによるもので、東海4県を中心に全国から消費者教育の関係者約350人が集い、実りあるフォーラムとなりました。

静岡大学の色川卓男教授の基調講演では、「掘りおこす」「つながる」「つづける」という3つのキーワードが示され、「消費者教育の領域は広
く、すべてをカバーする専門家がいないため、みんなで協力して、体系的に進めていく必要がある」という提言が示されました。講演のまとめでは、地方自治体が策定、設置する消費者教育推進計画や消費者教育推進地域協議会において、どのような推進体制を構築するのかが問われているという指摘がありました。

このほか、学校における消費者教育実践事例の発表や、行政や団体から、学校に対する消費者教育の働きかけの発表、パネルディスカッションなどが行われ、最後に小グループに分かれて、交流会が実施されるなど、充実した1日となりました。

このフォーラムを機に、消費者教育推進の機運が一層高まることを願っています。

静岡県の消費者教育ポータルサイト「なるほど!消費者教育」を開設しました!!

静岡県では、消費者教育の推進、消費者市民社会の普及・啓発を図るため、消費者教育ポータルサイトを開設しました。消費者市民社会についての詳しい解説や、消費者教育の教材等の検索など、消費者教育に役立つコンテンツがたくさんあります。消費者教育に少しでも関心のある方は、サイトにアクセスしていただき、活用していただければ幸いです。

URL:http://www.shizuoka-shohi.jp

医薬品の誤飲事故に注意!

幼児の医薬品の誤飲事故が増えています。
誤飲した場合は、子どもの状態、薬の名称や量などを確認のうえ、直ちに専門の相談機関に連絡し、必要に応じて医療機関を受信しましょう。

【主な相談機関】
・小児救急電話相談(全国共通短縮番号):#8000
※実施時間は各都道府県で異なります。

詳しくは、(独)国民生活センター発表資料をご覧ください。
http://www.kokusen.go.jp/mimamori/kmj_mailmag/kmj-support84.html

回収・無償修理等情報は、消費者庁リコール情報サイトでご覧いただけます。
http://www.recall.go.jp/

 

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2175

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?