• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活に関するお知らせ > 静岡県くらしのめ~ル第90号

ここから本文です。

更新日:平成28年8月13日

静岡県くらしのめ~ル第90号(2015年6月26日配信)

アダルト情報サイトやネット接続回線の相談が急増!~平成26年度の消費生活相談~

平成26年度に県民生活センターに寄せられた消費生活相談は、前年度並みの6,258件、県内市町のセンターを含めると25,878件でした。
県民生活センターに寄せられた相談のうち、アダルト情報サイトに関する相談が5年連続トップで前年度より25%増加し、前年度に10位圏外だった光ファイバー(5位)やインターネット接続回線(7位)に関する相談が急増しました。
60歳以上の方が契約当事者の相談は、全体の3割を占め、特に、在宅時のトラブル(電話勧誘販売や訪問販売)に関する相談が多い状況にあります。

消費生活センターでは、問題解決のための相談者への助言・情報提供や、自力での解決が困難な場合に事業者との間に立ち、消費者の言い分を取り次ぐなどの調整を行っています。

また、皆さんから寄せられた相談情報を分析し、県民への注意喚起や悪質事業者の処分等を通じて、被害の拡大防止につなげています。

自分の身を守るために!高齢者など、あなたの周りの方を守るために!
困ったり、不安に思ったときには、一人で悩まずに、消費生活相談窓口へ相談しましょう!
(7月1日からは、3桁の電話番号「188」(いやや!泣き寝入り!)で、お近くの相談窓口を御案内する消費生活ホットラインへつながります。)

アドバイス

  • アダルト情報サイトに限らず、身に覚えのない請求をされた場合あわてて支払ったり、業者に連絡しない。
  • インターネット接続のためのプロバイダ契約の変更など、よく理解できないものについて勧誘された場合、その場ですぐに契約しない。契約前に契約内容に関する書面を求め、その内容が理解できない場合は断る。また、必要がなければ、きっぱり断る。
  • お年寄りなど身近な方の様子がおかしいな、と思ったらまずは声かけして話を聞いて!「だまされたなんて恥ずかしい」「家族に怒られる」「どこに相談したらいいのか分からない」、そんなふうに思い、相談できずに困っているのかもしれません。
  • 困ったり、不安に思ったときには、あきらめたりせずに、消費生活相談窓口へ相談しましょう!

詳しい情報は、国民生活センターホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

平成26年度の消費生活相談の概要(県民生活センター受付分)

まつげエクステンションの危害が後を絶ちません!

まつげエクステンションの施術を受けて目が痛くなった、などの危害情報が、全国の消費生活センターに寄せられています。
相談内容は、「目が痛い、充血した」「まぶたが腫れた」「目がかゆい」などです。
施術を受ける前に、施術者が美容師の資格を持っていることを確認し、健康被害のリスクについての十分な説明を受けましょう。
目やその周辺に異常を感じた場合には、すぐに医療機関を受診しましょう。

詳しくは、(独)国民生活センターの発表情報(外部サイトへリンク)を御覧ください。

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2175

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?