• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活に関するお知らせ > 静岡県くらしのめ~ル第91号

ここから本文です。

更新日:平成28年8月13日

静岡県くらしのめ~ル第91号(2015年7月10日配信)

“機能性表示食品”の販売がはじまりました!!

みなさんは、健康食品を購入する際、どんな基準で商品を選択してますか?
健康志向の高まりの中、商品のパッケージに表示された情報から、効能や効果を期待して、購入する方も多いのではないでしょうか。

今年の4月から、新しい食品の表示制度である“機能性表示食品”がスタートし、6月から販売が開始されました。この制度は、事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示するもので、国への届出は必要ですが、国の審査はありません。商品の情報は、消費者庁のサイトで公開されます。

類似の制度としては、既に“特定保健用食品(トクホ)”がありますが、こちらは、“国が商品ごとに機能と安全性を審査し許可”するもので、“機能性表示食品”とは、根本的に異なります。

メーカーにとっては、健康食品市場の拡大につながり、消費者にとっては、商品選択の幅が広がるなど、メリットもある一方で、消費者の判断力がこれまでより、一層求められることになりそうです。

“機能性表示食品”の利用のポイントとしては、消費者庁のリーフレットに次のように記載されています。

  • まずは、ご自身の食生活をふりかえってみましょう。
  • たくさん摂取すれば、より多くの効果が期待できるというものではありません。過剰な摂取が健康に害を及ぼす場合もあります。
  • 体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止しましょう。

“機能性表示食品”について、もっと詳しく知りたい方は、消費者庁のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

消費者ホットライン(188番)へお電話ください。

消費者庁は、平成27年7月1日から、消費相談窓口等を案内する「消費者ホットライン」について、3桁の電話番号「188番」での案内を開始しました。

188番の語呂合わせは、公募の結果、「嫌や!(いやや!)」に決定。
従来の電話番号0570-064-370も引き続き利用できます。

相談情報は、個々の問題解決にとどまらず、社会全体の課題解決につながります。
契約、悪質商法、製品・食品やサービスによる事故等について、消費者ホットラインにお電話ください。

 

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2175

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?