• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活に関するお知らせ > 静岡県くらしのめ~ル第92号

ここから本文です。

更新日:平成28年8月13日

静岡県くらしのめ~ル第92号(2015年7月24日配信)

消費者トラブルメール箱

 

 

みなさんは、普段の買い物や各種サービスの契約等を行うにあたり、疑問に思ったり、トラブルになったことはありませんか?
メーカーに問い合わせる、自治体の相談窓口に相談する、消費者ホットラインを活用するなど、さまざまな解決方法があると思いますが、今回はインターネットを用いたシステムをご紹介します。

 

国民生活センターのホームページ内に、「消費者トラブルメール箱」というページがあります。
これは、消費者被害の実態把握と発生防止に役立てるための、情報収集コーナーです。

2002年から開設されており、メールでの情報提供を24時間受け付けています。

個別の相談には応じていませんが、よく寄せられる情報への回答や相談先等がまとめられています。

2014年度の受信件数は13,721件でした。インターネットを用いたシステムということもあり、例年、情報通信に関する情報提供が多く、30歳代、40歳代の契約当事者の割合が高くなっていることが特徴です。

2014年度に寄せられた主な情報内容は、以下のとおりです。

主な相談事例

  • インターネット通販に関するトラブル
  • オンラインゲームやアプリに関するトラブル
  • 携帯電話(スマートフォン)・タブレット端末、プロバイダーなどに関するトラブル
  • 架空請求・不当請求関連のトラブル
  • 消費増税・便乗値上げに関するトラブル
  • 食品の異物混入やアレルギー関連のトラブル


寄せられた情報は、消費者トラブルの一般的な対応方法や相談先を情報提供するFAQのコーナーに役立っています。

また、新たな商品・手口に関する情報や拡大被害の可能性がある情報は、追跡調査も実施されています。


「消費者トラブルメール箱」について、より詳しく知りたい方は国民生活センターのホームページをご覧ください。

子どものドラム式洗濯機事故に注意

洗濯物の出し入れが容易であることや、乾燥機能などで人気のドラム式洗濯機。

小さい子どもが開けられる高さに蓋があり、中には身体が入りきる空間があります。

好奇心旺盛な子どもにとって興味津々な場所でしょう。

東京都で先月、ドラム式洗濯機内に男児が閉じ込められて亡くなるという悲しい事故が起きました。

ドラム式洗濯機は中から扉が開けられない仕組みになっているものが多く、このような事故を防ぐために、消費者庁やメーカーは、チャイルドロック機能の活用を呼びかけています。

電源を切った状態や運転前に蓋を開けられなくするこの機能。

あまり知られておらず、操作が複雑な機種もありますが、子どもの安全のために、積極的に活用しましょう。

チャイルドロック機能がない場合は、蓋にゴムバンドをかけるなどの工夫をして、子どもが簡単に開けられないようにしましょう。

 

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2175

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?