• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 男女共同参画課 > 性の多様性理解の促進

ここから本文です。

更新日:令和3年7月21日

性の多様性理解の促進

ふじのくにレインボーページ


〈目次〉
四角(黒)多様な性のあり方を尊重しましょう
四角(黒)性の多様性とは
性の構成要素について
LGBTとは
SOGIとは
四角(黒)県内の取組情報
県職員向けガイドブックの作成
相談会
セミナー、講演会
パネル展NEW!
広報、啓発
パートナーシップ制度NEW!
居場所づくり(交流会)NEW!
四角(黒)相談窓口一覧NEW!
四角(黒)県内の活動団体
四角(黒)市町担当窓口
四角(黒)関連リンク

 多様な性のあり方を尊重しましょう

私たちの性のあり方(セクシュアリティ)は、多様性に満ちています。
性のあり方は、その人の生き方そのものであり、個人の尊厳に関わることとして尊重されるべき大切なものです。
しかし、「男はこうあるべき、女はこうあるべき」、「異性を好きになるのが当たり前」といった意識や、そのような意識を前提とした制度の中で、学校や職場など様々な場面で生きづらさを感じ、偏見や差別を恐れて誰かに打ち明けたり相談することが難しい状況におかれている人もいます。
お互いの性のあり方を尊重し、誰もが生きやすい社会にするには、私たちの社会の仕組みや性の多様性を知り、私たち1人ひとりが自分のこととして考えてみることが大切です。
県では、県内の市町をはじめとした関係者と連携しながら、性の多様性に関する取組を進めていきます。

性の多様性とは

 性の構成要素について

私たち一人ひとりの性は、様々な要素が絡み合ってかたちづくられています。

rainbowflag生物学的な性(からだの性)

性染色体、外性器、内性器、性ホルモンなど身体的な特徴をもとにした性別のことです。

rainbowflag性自認(こころの性)

自分の性別を自分自身でどのように認識しているかということです。
多くの場合からだの性と一致しますが、違和感のある人もいます。必ずしも男女のどちらかに明確に分かれるわけではなく、どちらの性別でもない、わからない、決めたくない人などもいます。

rainbowflag性的指向(好きになる性)

自分がどの性別の人を恋愛や性愛の対象とするかということです。
異性を好きになる人、同性を好きになる人、性別を意識せずにその人を好きになる人、恋愛感情や性的感情を持たない人などがいます。

rainbowflag性表現(表現する性)

服装、言葉遣い、振る舞い等、社会に向けて自分の性をどのように表現しているかを指します。必ずしも性自認と一致するとは限りません。

 LGBTとは

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字を並べた言葉です。性的マイノリティの総称として使われることがありますが、この4つに限られるものではなく、実際には多様な性のあり方の一部にすぎません。

rainbowflagレズビアン(Lesbian)

女性を好きになる女性

rainbowflagゲイ(Gay)

男性を好きになる男性

rainbowflagバイセクシュアル(Bisexual)

異性を好きになることもあれば、同性を好きになることもある人

rainbowflagトランスジェンダー(Transgender)

生まれたときに割り当てられた性別とは異なる性別を生きる人・生きることを望む人

(LGBは性的指向に関するもので、Tは性自認に関するものです。)

 SOGIとは

「LGBT」は、属性を表す言葉ですが、「SOGI(ソジ・ソギ)」は、全ての人に当てはまる概念です。
これは、「性的指向」(SexualOrientation)と「性自認」(GenderIdentity)の頭文字をとったものです。性的指向と性自認そのものを指し、国連の諸機関で広く用いられており、全ての人の性のあり方が人権として尊重されるべきという文脈で使われています。(「性表現」(GenderExpression)からEを取ってSOGIEとする場合もあります。)
この概念により、全ての人が多様な性の当事者であり、性のあり方に関する問題を自分を含めた全ての人の問題と考えることができます。

県内の取組情報

 heart県職員向けガイドブックの作成

黒点県職員向け「ふじのくにレインボーガイドブック」を作成しました!

 heart相談会

黒点LGBTQ電話法律相談を実施します(3月6日静岡県弁護士会)(外部サイトへリンク)【終了しました】

 heartセミナー・講演会

黒点「性の多様性を考える」連続講座をオンライン開催します(3月5日、3月12日静岡県主催)【終了しました】

黒点令和2年度シンポジウム「いろいろな性、いろいろな生き方」を開催しました(実施報告)(11月2日静岡県主催)

黒点企業の価値を高めるLGBTQ実践セミナーを開催します(12月21日、1月13日、2月15日静岡市主催)(外部サイトへリンク)【終了しました】
黒点それぞれの「想い」で参加できる成人式「にじいろ成人式2021」を開催します(1月10日静岡市主催)(外部サイトへリンク)【終了しました】
黒点沼津市男女共同参画課「LGBTダイバーシティセミナー」を開催します(10月23日沼津市主催)(外部サイトへリンク)【終了しました】

 heartパネル展NEW!

黒点県内の公共図書館でLGBTパネル展を開催します!(令和3年7月~令和4年1月)

 heart広報・啓発

黒点市町担当職員との情報交換・研修会を開催しました
黒点人権リーフレット「性の多様性について考えてみませんか?」(令和元年11月、静岡県人権啓発センター発行)(PDF:1,404KB)
黒点静岡県男女共同参画センターあざれあが発行するWEBマガジン「EPOCA(エポカ)」で、性の多様性に関する特集が連載されています
epoca_lgbtq_banner(外部サイトへリンク)

 heartパートナーシップ制度

静岡県内では、浜松市、富士市でパートナーシップ制度を導入しています。

浜松市(外部サイトへリンク)

富士市(外部サイトへリンク)NEW!

 heart居場所づくり(交流会)NEW!

静岡市では、交流会と電話相談(令和3年度にじいろカフェ・にじいろ電話相談)を実施しています。

静岡市(外部サイトへリンク)

 相談窓口一覧

ひとりで悩まず、相談してみませんか?

性的指向や性自認に関する専門相談

よりそいホットライン(厚生労働省補助事業、一般社団法人社会的包摂サポートセンター)(外部サイトへリンク)
◆性別や同性愛などに関わる相談窓口です。24時間対応、通話料無料、ファックスやチャットでの相談も受け付けています。

ふじのくにLGBT電話相談(静岡県)NEW!
◆静岡県内に在住、在勤又は在学の方が利用できる専門相談員による電話相談窓口です。性のあり方に関する悩みや困りごとについてお話しください。

にじいろ電話相談(静岡市)(外部サイトへリンク)
◆専門の研修を受けた相談員が対応します。

専門相談以外

あざれあ女性相談(静岡県男女共同参画課)(外部サイトへリンク)
◆自分の生き方、夫やパートナーとの関係、仕事の悩みなど、女性相談員が相談に応じます。

あざれあ男性相談(静岡県男女共同参画課)(外部サイトへリンク)
◆自分の生き方、家庭の問題、仕事の悩みなど、男性相談員が相談に応じます。


静岡県性暴力被害者支援センターSORA(静岡県くらし交通安全課)
◆望んでいない性行為はすべて暴力です。女性相談員が24時間365日相談に応じます。

静岡県人権啓発センター
◆不当な差別やいじめ等についての人権相談を受け付けています。

若者こころの悩み相談窓口(静岡県障害福祉課)
◆親にも友達にも言えない心の悩み、相談してみませんか?LINEでの相談にも応じます。

こころの電話相談(静岡県精神保健福祉センター)
◆こころの様々な悩みについて相談に応じます。

静岡県女性相談センター
◆女性の様々な相談に応じます。また、配偶者からの暴力で悩んでいる方からの相談にも応じます。

教育相談ハロー電話「ともしび」(静岡県総合教育センター)(PDF:92KB)
◆子どもや保護者からの悩みを匿名で相談できます。

人権相談(法務省)(外部サイトへリンク)
◆全国各地の法務局の職員や人権擁護委員が人権に関する相談に応じます。

 県内の活動団体

男女共同参画センターあざれあが運営するホームページ「あざれあナビ」では、県内で活動する支援団体を紹介しています。

navi_lgbt_banner(外部サイトへリンク)

 市町担当窓口

静岡県内の各市町の担当窓口の一覧はこちらです。
市町の取組については、各リンク先を御覧ください。




Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局男女共同参画課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3363

ファックス番号:054-221-2941

メール:danjyo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?