• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 水の都しずおか「ふじのくに水紀行」 > 西部エリア

ここから本文です。

更新日:平成27年4月17日

水の都 ふじのくに水紀行

浜名湖をはじめとする美しい水辺 西部エリア

多くの命を育み四季折々の彩りに染まる渓谷、緑の中で心も潤す清流、美しい景色と豊かな恵みをもたらす湖など、訪れる人を幸せで包む水辺がそこかしこにあります。

遠江八景

動画を見る
■弁天夕照
往時は船で舞阪から新居へ。 湖上から見る弁天島の白砂青松は、 今切の渡しの名物。
■五山晩鐘
湖北五山のひとつ、龍潭寺の庭園。
■瀬戸夜雨
猪鼻の形をした奇岩の上に小さな社が鎮座。縁結びの神様として知られる。
■寸座落雁
東名高速道路浜名湖SA。四季を通じて見事な景色を楽しめる。

朝夕に、四季折々に、姿を変える水辺の風景に恵まれた浜名湖。周辺には古社古刹が多く、東海道や姫街道筋にあたることから、文人墨客がその景観を詩歌や俳句、浮世絵などに表してきました。その美しさは今も健在。歴史の深みを増した現代の「八景」が、平成26年3月「遠江八景」として選定されました。

選ばれたのは、湖岸から見る秋の月の美しさが評判の舘山寺、夕日が辺りを赤一色に染める弁天島、夕暮れの雪の情景を彷彿とさせる浜名大橋、往時の旅人が海を眺めた潮見坂、雨に煙る情景が美しい瀬戸、浜名湖の北に伽藍を構える湖北五山、野鳥の群れが乱舞する寸座、小舟が行き交う細江の計8カ所。それぞれの景観には、「秋月」や「夕照」などなど11世紀の中国で水墨画の画題として編纂された「瀟湘八景」に倣った名前が付けられています。五感を研ぎ澄まし遠江の水海へ、時を超えた感動がそこにあります。

舘山秋月 (たてやまのしゅうげつ) 舘山寺(舘山〜大草山)
弁天夕照 (べんてんのせきしょう) 弁天島(弁天島〜舞阪)
浜名暮雪 (はまなのぼせつ) 浜名大橋(浜名大橋〜新居宿)
潮見晴嵐 (しおみのせいらん) 潮見坂(潮見坂〜高師山〜白須賀宿)
瀬戸夜雨 (せとのやう) 瀬戸(瀬戸・大崎、猪鼻湖周辺)
五山晩鐘 (ござんのばんしょう) 湖北五山(方広寺、龍潭寺、初山寶林寺、大福寺、摩訶耶寺)
寸座落雁 (すんざのらくがん) 寸座(東名高速道路浜名湖SA周辺)
細江帰帆 (ほそえのきはん) 細江(引佐〜細江)
所在地 浜松市、湖西市
問い合わせ 静岡県文化・観光部 交流政策課
054-221-3612
ホームページ

阿多古川の親水空間

動画を見る
飛び込み岩の名で親しまれる大岩
落差7mを力強く流れる男滝
阿多古川水系一の高さを誇る女滝
夏は釣りやBBQなどで賑わう

日本の川の原風景が広がる阿多古川。天竜美林に囲まれた山あいを緩やかに流れ、支流と合流しながら天竜川に注ぎ出ます。清流として知られ、平成の名水百選に選定されました。

そんな阿多古川での水なぶり(水あそび)といえば、川遊び。中でも、背丈の何倍もある東光淵の大岩からのダイビングは、夏の風物詩となっています。またカジカ、アユ、カワムツ、ウグイなど、川底を泳ぐ魚がくっきり見えるほどの透明度。子どもでもシュノーケルやゴーグルを使って気軽に水中観察ができます。夏は釣りやキャンプ、秋は紅葉狩りやハイキングを楽しむ人で賑わいます。

その他、ドラマ「ウォーターボーイズ2」でシンクロの練習に使われた「男滝」、落差20mを末広がりに落ちる「女滝」など、阿多古七滝と呼ばれる滝も点在。阿多古川の畔にたつ道の駅・くんま水車の里では、そば打ち、五平餅づくり、こんにゃく作りなどの体験もできます。

所在地 浜松市天竜区
問い合わせ 天竜観光協会
053-925-5845
アクセス 新東名浜松浜北ICから 国道152号線、県道9号線を経て 阿多古方面へ車で約30分。

お問い合わせ

くらし・環境部政策管理局企画政策課(移住・定住担当)

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3318

ファックス番号:054-221-3559

メール:kurakan_kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?