• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > くらし・環境部 > 水の都しずおか「ふじのくに水紀行」 > 東部・伊豆エリア

ここから本文です。

更新日:平成27年4月17日

水の都 ふじのくに水紀行

静岡県が誇る湧水の宝庫 東部・伊豆エリア

日本一の湧水を誇る柿田川、いくつもの滝となり海へと向かう川、原生林に囲まれた清流、人々の心を潤す街中のせせらぎなど、趣の異なる水辺が多く点在し、貴重で豊かな恵みと文化を育んでいます。

柿田川

動画を見る
上流では無数の「わき間」が見られる
産卵のため遡上する鮎の群れ
流域で見られる町の鳥カワセミ
紡績工場の井戸だった「わき間」

ミシマバイカモの淡い緑が水中に揺らめく柿田川の輝きは、まさに水浅黄。水面を水浅黄色に煌めかせながら日量約100万tもの水を湧出し、国の天然記念物に指定されています。

名水百選にも選ばれるこの水は、富士山や箱根に降った雪や雨が山に染み込み、濾過されながら地下水となり地表に顔を出したもの。昔から農工業や生活用水に利用され、飲料水は沼津・三島・清水町だけでなく熱海にも供給されています。

柿田川公園では、15℃前後の水が年中変わることなく湧き出る「わき間」を見ることができます。そこから狩野川との合流点までの約1kmの間は、貴重な自然と絶景の宝庫。水生植物が多く生える清流に生息するというアオハタトンボ、魚をとるカワセミのホバリング、10月下旬~12月にかけて遡上するアユの産卵なども見ることができます。また、お隣の三島市に自生するミシマバイカモは、一度絶滅した後、柿田川から移植して増やしたもの。「日本一の湧水」と呼ばれる柿田川は今日も、周辺市町の人々のここをと暮らしを潤しています。

所在地 駿東郡清水町 map
問い合わせ 清水町都市計画課
055-981-8224
アクセス JR三島駅南口4番のりばからバス サントムーン経由沼商行き・杉沢行き約20分、柿田川湧水公園前下車徒歩1分。

三島湧水群

動画を見る
川の中を歩ける源兵衛川  
夏は子どもたちの水遊びで賑わう
「田町水道」と呼ばれた雷井戸
三島梅花藻の里

県有数の「水の都」三島市は、富士山や箱根山麓にしみ込んだ水が、数十年かけて市内のあちらこちらで湧き出す湧水のまち。各所で湧き出た水は、蓮沼川、源兵衛川、御殿川、桜川、四ノ宮川のせせらぎとなって市内を流れ、豊かな動植物を育み、憩いの空間を生み、さらに生活用水として利用されています。これが、「水の都」と呼ばれる由縁です。

JR三島駅南口正面にある小松宮彰仁親王の別邸「楽寿園」。園内にある小浜池の湧水は、「宮さんの川」と呼ばれて親しまれる蓮沼川と源兵衛川へと流れ込みます。川の中に飛び石の歩道が続く源兵衛川では、運が良ければカワセミの姿を確認でき、夏には子どもたちの水遊びやホタルなど日本情緒を満喫できます。また、周辺には、かつて簡易水道の水源だった「雷井戸」、ミシマバイカモを育てる「三島梅花藻の里」、回遊式庭園が美しい「佐野美術館」など見所もいっぱいです。

所在地 三島市
問い合わせ 三島市水と緑の課 
055-983-2643
アクセス (楽寿園)
JR三島駅南口から徒歩3分。 (源兵衛川)
伊豆箱根鉄道三島広小路駅 から徒歩3分。

お問い合わせ

くらし・環境部政策管理局企画政策課(移住・定住担当)

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3318

ファックス番号:054-221-3559

メール:kurakan_kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?