県議会だより第119号(1)9月定例会ダイジェストほか

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1046422  更新日 令和5年1月31日

印刷大きな文字で印刷

9月定例会ダイジェスト

9月定例会は、9月21日から10月14日までの24日間開催しました。
知事から、令和4年度静岡県一般会計補正予算案など28議案と令和3年度決算、退職手当の支給制限に対する審査請求に関する諮問が提出され、議案等の説明がありました。
5日間にわたる代表質問および一般質問では15人の議員が登壇し、知事の政治姿勢や子どもを守る安全対策の強化、静岡県盛土等の規制に関する条例の課題など県政全般にわたり活発な議論を交わしました。
また9月26日には、昨年7月に熱海市伊豆山地区で発生した逢初川土石流災害に係る行政対応の検証と被災者支援に関する調査を行うため、新たに特別委員会を設置しました。
その後、7つの常任委員会で議案の詳細な審査を行い、10月14日の最終本会議で常任委員長の審査結果報告の後、討論を経て採決を行い、全ての議案を可決、同意、承認し、諮問1件は棄却すべきものと答申することを決定しました。
また同日、国に対する5件の意見書案と北朝鮮の弾道ミサイル発射に抗議する決議案が提出され、全て可決しました。
なお、令和3年度決算は、決算特別委員会に付託し、閉会中も継続審査することになりました。

意見書・決議(件名)

  • 新型コロナウイルス感染症変異株に係る感染症法上の取扱いについて柔軟な見直しを求める意見書
  • 民生委員・児童委員の担い手不足の解消を求める意見書
  • 自動車関係諸税の見直しに関する意見書
  • 入院中の食事療養に必要な費用を物価高騰に対応した水準に見直すことを求める意見書
  • 女性デジタル人材育成を強力に推進するための支援を求める意見書
  • 北朝鮮の弾道ミサイル発射に抗議する決議

可決した主な議案

令和4年度一般会計補正予算

85億6400万円

主な事業

物価高騰対策<44億4600万円>
  • 中小企業者等の価格転嫁、コスト削減の取り組み支援
  • 交通事業者、トラック事業者の車両維持経費の支援
  • 生活困窮の子育て世帯等に対する県産米の提供 ほか
新型コロナウイルス感染症対策<36億2100万円>
  • オミクロン株対応ワクチンの接種体制の構築
  • 乳幼児のインフルエンザ予防接種費用の支援
後期アクションプランの推進等<10億7300万円>
  • 危険性の高い盛り土の安全性調査・応急対策
  • 国際線再開に向けた航空会社、旅行会社の支援
  • 浜名湖花博20周年記念事業開催に向けた実施計画の策定 ほか
事業費の減額<△5億7600万円>
  • 大仁警察署の整備スケジュールの変更 ほか

議案に対する各会派等の賛否

このページに関するお問い合わせ

静岡県議会政策調査課
〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6
電話番号:054-221-2559
ファクス番号:054-221-3572
gikai_chousa@pref.shizuoka.lg.jp