• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 建設技術企画課 > 現場ニーズに応じた新技術の活用を推進します

ここから本文です。

更新日:平成30年5月1日

現場ニーズに応じた新技術の活用を推進します

近年、建設現場では「施設の強靭化・長寿命化」「維持管理需要の拡大」など、深刻な課題に直面しています。

こうした諸課題を克服し、建設現場の生産性を高めていくためには、社会ニーズに応じた新技術を建設現場で効果的に活用できる体制を整えることが重要です。

「社会ニーズを踏まえたテーマ設定型」の新技術公募制度は、行政が抱える現場ニーズを公表するとともに、その課題解決が可能な新技術を公募して、現場における効果的な活用により、諸課題解決や生産性向上に繋げようとする仕組みです。

このほど、この公募制度に4技術の応募があり、「新技術情報データベース」へ登録したのでお知らせします。

現場ニーズ:港湾における日常的な水深測量を簡便かつ的確に行いたい

 

技術名称

技術概要

調査用リモコンボートによる深浅測量(音響測深)(PDF:596KB) GPSと音響測深機を装備したリモコンボートにより、河川、海岸、港湾等の水深を測定し、地形データを取得する。

現場ニーズ:港湾の浚渫土砂を有効に利活用できる処理方法はないか

 

技術名称

技術概要

吸水性泥土改質材「ワトル」(PDF:519KB) 高含水の泥土に、ペーパースラッジ焼却灰を主原料とした改質材を混合し、泥土の即時改質を行い、土としての再利用を可能にする。
中性固化材「セーフロック・ファイブロック」(PDF:360KB) 高含水の泥土に、非セメント系の固化材を混合し、泥土の即時改質を行い、土としての再利用を可能にする。

現場ニーズ:法面保護工と併用できるシカ対策工法はないか

 

技術名称

技術概要

鹿止金網(PDF:434KB) 植生マットの上部に特殊構造の金網を設置することにより、シカの食害を防ぐとともに、植生マットの地山密着効果を高める。

 

お知らせ

「社会ニーズを踏まえたテーマ設定型」の新技術公募は、引き続き募集中です。


 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

交通基盤部建設支援局建設技術企画課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2131

ファックス番号:054-221-3569

メール:gijyutsukanri@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?