• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 建設技術企画課 > 新技術新工法 > 「社会ニーズを踏まえたテーマ設定型新技術」の公募

ここから本文です。

更新日:平成31年3月8日

「社会ニーズを踏まえたテーマ設定型新技術」の公募(H30年8月15日~)

建設現場を取り巻く環境は、担い手の不足、加速化するインフラの老朽化など深刻な課題に直面しています。

諸課題の解決に向けては、多様な産業の技術や民間のノウハウを活用するなど、現場ニーズに応じた優れた新技術を効果的に導入していくことが重要です。

この度、県では、県の機関及び民間から収集した19の現場ニーズを公表し、その解決が可能な新技術を民間から公募します。

応募のあった新技術は、審査を行った後、ニーズを抱えた現場での活用を検討します。また、「新技術情報データベース」に登録します。

「社会ニーズを踏まえたテーマ設定型新技術」公募要項(H30年8月15日から1年間)(PDF:2,244KB)

公募する現場ニーズ

県の機関及び民間から収集した19の現場ニーズを技術テーマとして設定しています。

1.ICTを活用した施設点検・計測の支援

No

概要

1 ICTを活用し、舗装の路面性状調査を安価で正確に行うことが可能な技術(PDF:136KB)
2 道路法面に散在する不安定土塊の抽出や、山間部法面の風化状況の把握が可能な技術(PDF:138KB)
3 コンクリートのひび割れ調査から補修まで自動で行うシステム・ロボット等の技術(PDF:152KB)
4 道路土工構造物点検の対象箇所の抽出を行うことが可能な技術(PDF:152KB)
5 3次元点群データの閲覧・計測を簡易に行うことが可能な技術(PDF:154KB)
6 ICTを活用した港湾・漁港の水深計測・海底地形計測の技術(PDF:154KB)
7 排水管等の地下埋設物や、地下空洞を簡易に高精度で探査することが可能な技術(PDF:173KB)

2.施工・維持管理の効率化

No

概要

1 河川工事、橋梁耐震補強工事等における仮締切を、安価で効果的に行うことが可能な技術(PDF:154KB)
2 都市部の小河川における河床掘削機械(PDF:154KB)
3 狭小現場における施工性、経済性に優れ、振動、騒音に配慮された地盤改良の技術(PDF:154KB)
4 地すべりにおける水抜き孔の孔内洗浄を少量の水で容易に実施できる技術(PDF:157KB)
5 除草手間やコスト削減が可能な技術(環境型除草剤、無人化施工、土凝固剤等)(PDF:157KB)
6 経済性、施工性に優れた橋梁、トンネル等のコンクリート構造物のはく落防止対策の技術(PDF:158KB)
7 作業員が重量物等を運ぶ際、負担を軽減することができるパワードスーツ(PDF:158KB)

3.リサイクルの推進

No

概要

1 浄水場における浄水工程において発生する土砂の有効利用(PDF:127KB)

4.工事現場の安全確保

No

概要

1 交通規制中の追突事故を減らす対策(PDF:158KB)
2 除草時に飛び石が飛ばない除草機械に関する技術(PDF:158KB)
3 重機が人やモノを感知して、警告、自動停止する技術(PDF:158KB)

5.県産ものづくり技術の活用促進

No

概要

1 静岡県産の新技術(PDF:131KB)

 

今回公募する現場ニーズは、県の機関及び民間((一社)静岡県土木施工管理技士会)からアンケート方式で収集した66の現場ニーズの中から、県において特に課題意識の強い19のニーズを選定したものです。

県の機関及び民間から収集した66ニーズの一覧表(PDF:177KB)

今回公募する19ニーズのほか、この一覧表に掲載されているニーズの解決が可能な技術がございましたら、奮って登録申請してください。

応募期間

平成30年8月15日から1年間

応募の条件

1)応募者は、以下の条件を満足すること。

応募技術を基にした業務を実施する上で、必要な権利及び能力を有する民間企業等であること。

2)応募技術は、以下の4つの条件を満足すること。

1静岡県の新技術情報データベースの登録技術であること。ただし、本公募への応募と新技術情報データベースへの登録申請が同時に行われる技術を含む。

2応募技術の内容を公開しても問題がないこと。

3応募技術を公共工事等に活用する上で、関係法令に適合していること。

4応募技術に係る特許権等の権利について、問題が生じないこと。

応募方法

1)応募に当たっては、以下の資料を作成し、メール等により、提出するものとする。

1社会ニーズを踏まえたテーマ設定型新技術申請書

2新技術登録申請書(エクセル:26KB)(本公募の応募時点で、未登録の新技術を申請する場合)

3新技術概要説明資料(A)(エクセル:212KB)(本公募の応募時点で、未登録の新技術を申請する場合)

4新技術概要説明資料(B)(エクセル:135KB)(本公募の応募時点で、未登録の新技術を申請する場合)

5従来技術との比較表(エクセル:50KB)

6上記のほか、施工指針、構造計算書等の技術の成立性が証明できる資料

2)提出先

静岡県交通基盤部建設支援局建設技術企画課技術調査班

〒420-8601静岡市葵区追手町9-6

TEL:054-221-2131

FAX:054-221-3569

E-mail:gijyutsukanri@pref.shizuoka.lg.jp

お知らせ

今回公募する19の現場ニーズに関しては、10月25日に開催予定の「新技術交流イベント2018in静岡」において取り上げ、ニーズの解決が可能な技術を保有、あるいは開発を希望する企業等によるプレゼンテーションとブース出展による情報交換を行います。8月1日から9月5日まで出展者を募集しています。

関係要領等

「建設工事における新技術活用促進に関する実施要領」(PDF:105KB)

「建設工事における新技術活用促進に関する実施要領」の運用(PDF:108KB)

「新技術公募の試行に関する取扱い」(PDF:830KB)




 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

交通基盤部建設支援局建設技術企画課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2131

ファックス番号:054-221-3569

メール:gijyutsukanri@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?