• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 建設技術企画課 > 新技術交流イベントinShizuoka2019を開催しました

ここから本文です。

更新日:令和元年11月11日

新技術交流イベントinShizuoka2019を開催しました!

要旨

ふじのくにi-Construction推進支援協議会(事務局:静岡県交通基盤部建設支援局建設技術企画課)は、新技術交流イベントinShizuoka2019を開催しました。

このイベントは、建設現場の課題解決が可能な最新技術の導入を推進し、生産性の向上に繋げることを目的に、現場ニーズと企業シーズ、企業間のマッチングを図るイベントです。

3年目の開催となる今年度は、いち(異業種)、に(担い手)、さん(3D)、し(新技術導入)」をキーワードに、基調講演やパネルディスカッションのほか、高校生からのニーズ発表などを新たに加え、過去最大規模の開催となりました。

「新技術交流イベントinShizuoka2019」を開催しました!(PDF:710KB)

開催概要

開催日時:令和元年10月30日水曜日

会場:静岡県コンベンションアーツセンターグランシップ(大ホール「海」及び屋外広場)

来場者数:約650名

開催状況

基調講演

演題:『建設業最大のピンチ「人手不足」をICT、ロボット、AIでどう解決するか

講師:家入龍太さん(建設ITジャーナリスト)

企業等のブース出展とライトニングトーク

県が提示した5分野21の現場ニーズに対し、課題解決が可能な技術を保有する62団体が78技術をブース出展し、来場者と情報交換を行いました。

また、出展団体のうち、39団体が保有技術のライトニングトーク(ショートプレゼン)を行いました。

屋外展示

屋外広場では、小型バックホウのICT実演や、搭載カメラで道路施設を点検するパトロールカー等の展示がありました。

静岡県フォトコンテスト表彰式

「伝えたい『静岡県、社会インフラのある風景』」をテーマに実施したフォトコンテストの表彰式を同時開催しました。

インフラメンテナンス国民会議との共催企画

トーク題目:インフラメンテナンス時代をサバイブする「公響事業」~求められるインフラメンテナンスセンス~』

登壇者:片山英資さん(一般社団法人ツタワルドボク代表理事)、安立寛さん(インフラメンテナンス国民会議)

土木分野を志す高校生のニーズ発表

静岡県立掛川工業高等学校3年の鳥居晃さんが、掛川大祭で登場する「仁藤の大獅子」を後世に残すため、3次元点群データを取得する取組を発表しました。

パネルディスカッション

テーマ:壁を超える。いち(異業種)、に(担い手)、さん(3D)、し(新技術導入)』

登壇者:家入龍太さん、片山英資さん、杉本直也(静岡県建設技術企画課建設ICT推進班長)、榎本真美さん(国立研究開発法人土木研究所交流研究員)

出展団体内訳

 

技術分野

出展団体数

出展技術数

ICT活用により、省力化・省人化を図りたい

25団体

29技術

施工・維持管理の効率化を図りたい

24団体

28技術

工事現場の安全を確保したい

10団体

12技術

県産ものづくり技術の活用促進

7団体

7技術

土木分野を志す高校生のニーズ

2団体

2技術

合計

62団体

78技術

来場者内訳(概数)

 

土木建設

コンサル

学術機関

製造、商社、メーカー等

報道

一般

官公庁

140

130

20

220

15

10

115

650

今回のイベントでは、最新のコミュケーションツールを導入

今回のイベントでは、登壇者と聴講者のコミュニケーションツールにも、最新の技術を導入しています。

家入龍太さんの講演やパネルディスカッションでは、AIを使って、登壇者が話す内容をリアルタイムに字幕化する「udトーク」を取り入れました。

また、登壇者が講演中でも、気軽に質問ができる「Sli.do」を取り入れました。

サブスクリーンの左側に「Sli.do」による聴講者の質問や意見を、右側に「udトーク」によるリアルタイム字幕を表示。

今後に向けて

出展のあった技術で、現場のニーズに対応可能な技術については、現場導入を検討し、課題の解決や生産性の向上に繋げます。

県といたしましては、今後も産・学・官の連携を深め、優れた新技術が導入される環境の構築に努めてまいります。




 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

交通基盤部建設支援局建設技術企画課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2131

ファックス番号:054-221-3569

メール:gijyutsukanri@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?