• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 建設技術企画課 > 建設技術企画課/リサイクル関連 > 技術管理課/リサイクル関連/建設発生土利活用

ここから本文です。

更新日:平成31年2月5日

トピックス
  過去のトピックス
品確法への取り組み
VEの取り組み
建設リサイクル関連
  建設副産物対策
  建設発生土利活用
単価の公開
新技術・新工法
  活用促進の取り組み
  新技術情報DB
  申請方法
建設ICT
ここから本文です。

建設発生土の積極的な活用を目指して

概要

公共工事から発生する土砂を、他の工事などで積極的に再利用し、資源の有効活用を図るとともに、資源循環型社会への転換を進めていくことが今求められています。

これまでの経緯

平成2年度に『静岡県建設発生土活用対策協議会』を設立し、県内の建設発生土の活用方策などの検討を行なった。

平成7年度から、ファクシミリによる『静岡県建設発生土情報交換システム』の運用を開始。

平成10年度には、『静岡県建設副産物対策連絡協議会』を設立し、関係機関が連携して建設副産物対策を一層推進していく体制づくりを行なった。また、建設発生土ストックヤード(一時仮置き場)を御殿場市板妻地内に整備した。

『建設副産物対策連絡協議会』が設置された。

平成12年度より、『静岡県建設発生土情報交換システム』はパソコンとインターネットを活用したオンラインシステムとなり、必要な情報がリアルタイムで入手できるようになった。

今後の方針について

建設発生土の工事間利用をより一層促進していくため、建設発生土情報交換システムの充実を図っていきます。

建設発生土の利用時期や土質の調整が可能な、ストックヤードの整備を推進していきます。

公共工事発注に携わっている職員の意識改革を図っていきます。

建設発生土情報交換システムとは

建設発生土情報交換システムは、全国のすべての公共工事など発注担当者が共通的に利用できるオンライン情報交換システムです。

このシステムは、建設残土が発生する、または埋土など土砂を利用する建設工事を対象に、設計・積算・発注・施工から完了の事業各段階において建設発生土の工事間利用に関する情報を工事担当者に提供し、リサイクル推進を目的とするものです。

なお、システム全体のイメージについては下記のイラストを、システム概要については【JACIC建設副産物情報センター】のホームページをご覧ください。

建設発生土情報交換システムのイメージ

(JACIC建設副産物情報センターホームページより)

発生土情報のイメージ

お問い合わせ

交通基盤部建設支援局建設技術企画課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2128

ファックス番号:054-221-3569

メール:gijyutsukanri@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?