• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 道路 > 道の情報 > ”みちづくり”を進める取組

ここから本文です。

更新日:令和2年6月22日

”みちづくり”を進める取組

「みち~満ち・充ちミーティング」(道路についての意見交換)

「みち~満ち・充ちミーティング」(道路についての意見交換)

「事業着手準備制度」(事業化に先立つ事業効果や問題点の話合い)

「事業着手準備制度」(事業化に先立つ事業効果や問題点の話合い)

 

緊急輸送路の指定

緊急輸送路は、法に基づき、有事の際の緊急輸送を確保するため必要な道路(緊急輸送路)として、あらかじめ指定されたものです。静岡県では、令和元年度末現在、208路線2,394.0kmを指定しています。

ITS(Intelligent/Transport/Systems)の活用

ITS(高度道路交通システム)は、最先端の情報通信技術を用いて、交通事故、渋滞などといった道路交通問題を解決することを目的としたシステムで、ETCやカーナビゲーションなどもITSです。県では、庁内の組織が連携して静岡県におけるITSの推進を図るため、「ふじのくに静岡ITS推進協議会」を設立しました。

ITSの代表的な施策

「しずおかアダプトロード・プログラム」

アダプト・ロード・プログラムは、道路美化につとめる住民活動と団体を広くアピールし、参加しやすいようにサポートする仕組みです。静岡県では地域のボランティア活動に意欲を持つ地域住民や企業、学校を、プログラムの活動団体として認証した上で、同意書を交わし、県管理道路の一定区間の清掃美化をおまかせして、その活動を支援します。

平成26年度末時点で、149団体が登録・参加し、その活動対象の総延長は114kmに及びます。

「しずおかアダプトロード・プログラム」

・パンフレットダウンロード(PDF:486KB)

日本風景街道

日本風景街道とは、「道」やその周辺地域を舞台に、地域住民やNPO、企業、行政など多様な主体による協働のもと、景観や自然、歴史・文化、観光資源などの地域資源を活かし、美しい風景・景観の創出や地域の活性化、観光振興を図る取組で、静岡県内では5ルートが登録されています。

塩の道/遠州秋葉街道・横須賀街道

古来、塩は人々の暮らしになくてはならないもの。沿岸でとれた塩を内陸へ運ぶ「塩の道」がこの遠州にもありました。旧榛原郡相良町(現牧之原市)から始まり北遠・信州へと続く秋葉山信仰の道である秋葉街道、そして相良町から西の旧小笠郡大須賀町(現掛川市)へ続く横須賀街道。塩運搬ルートとして利用される事はなくなりましたが、古くからの歴史や街道の面影を残すこのルート、サイクリングルートとして掘り起こすことでその土地の文化・風土・人々との出会い、再発見をして欲しい。そんな願いを込め、みなさんが楽しめるようなコースを考案いたしました。

伊豆の道風景30選

美しく豊かな自然や多彩な歴史・文化がたくさん残っている伊豆には、、美しく魅力的な道や、次世代に伝え、守っていきたい道風景があります。静岡県では、公募の中から選定された、特に優れた道風景30箇所を公表しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

交通基盤部道路局道路企画課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3013

ファックス番号:054-221-3337

メール:douro_kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?