• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 河川・港湾 > 交通基盤部河川砂防局砂防課ホームページ > 静岡都市山麓グリーンベルトの大内モデル地区で地元小学生のための門松づくり教室を開催しました!

ここから本文です。

更新日:平成28年1月14日

静岡市都市山麓グリーンベルトの大内モデル地区で地元小学生のための門松づくり教室が開催されました!

 

県と協働で土砂災害を防ぐ里山づくりの活動をしている特定非営利活動法人「森と水辺を育てる会」が、地元の「高部少年教室」の小学生(4~6年)と保護者を対象に、グリーンベルト整備区域で伐採した竹を利用して伝統的な門松づくりを体験してもらい、楽しみながら土砂災害に強い里山づくりへの理解を深めました。制作した門松は静岡総合庁舎の正面玄関に飾りました。
説明 つくり

説明の様子

門松づくりを体験しました

集合 飾り

完成した門松と集合写真

作った門松を静岡総合庁舎前に飾りました

 

1開催日時:平成27年12月27日(日曜日)9時00分~10時30分

2場所:都市山麓グリーンベルト区域内の清水区大内モデル地区(杉谷津沢下の作業小屋)

3主催者:特定非営利活動法人『森と水辺を育てる会』

4参加者:「高部少年教室」の小学生(清水高部小及び清水高部東小の4~6年生)約40名と保護者

5内容:グリーンベルト整備区域で伐採した竹を利用した門松づくり

6都市山麓グリーンベルトの概要:

静岡市内で、366箇所の土砂災害危険箇所が集中する賎機山から興津川までの12kmに及ぶ市街地北側山麓域を「都市山麓グリーンベルト区域」として、平成13年度から樹林帯の形成を図る整備に着手しています。このうち、竹林の拡大が著しい清水区大内地区86haをモデル地区に選定し、斜面の安定を高めることによる土砂災害の抑止、自然環境の保全、山麓斜面への無秩序な市街化防止、都市景観の保全・創出等を目指し、静岡県と締結した協定により、特定非営利活動法人『森と水辺を育てる会』が里山づくりの活動を行っています。詳しくはこちら

お問い合わせ

交通基盤部河川砂防局砂防課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3044

ファックス番号:054-221-3564

メール:sabo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?