• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 河川・港湾 > 交通基盤部河川砂防局砂防課ホームページ > 「第3回興津地区防災機能強化調整会議」を開催しました

ここから本文です。

更新日:平成28年3月23日

「第3回興津地区防災機能強化調整会議」を開催しました

基幹的交通ネットワークが並走する「興津地区の防災機能の強化」について、関係機関が検討しました。

平成26年10月6日の台風18号により、静岡市清水区興津地区のJR東海道本線の線路脇斜面が崩壊し、東海道本線が10日間不通、国道1号も規制され、県民の往来のみならず、物流等を含めて社会的にも大きな影響がありました。

当地区は、国土の大動脈となる基幹的交通ネットワークが並走し、大規模災害時に途絶すれば、周辺の復旧復興に大きな支障となるばかりでなく、国の社会経済にも悪影響が懸念され、「国土強靭化」の観点からも更なる防災・減災対策であることから、国、静岡市、JR東海とともに「興津地区防災機能強化調整会議」を設立し、防災機能の強化について検討しています。

今年度は航空レーザ測量を実施し、測量成果から微地形解析図等の資料を作成して、専門家の技術指導を受けながら当地区の地形を判読し、当地区で考えられる災害要因について確認しました。

平成28年3月16日に、「第3回興津地区防災機能強化調整会議」を開催して、崩壊斜面の現在の復旧状況、今年度に実施した航空レーザ測量の結果を報告し、当地区の現状と課題を共有したうえで、今後の進め方等について検討しました。

引き続き、関係機関とともに防災機能の強化について取り組んでいきます。

 

おきつ1

斜面崩壊箇所(航空写真)(平成26年10月7日撮影)

現在の状況(平成28年3月15日撮影)

おきつ2

 

【資料】

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

交通基盤部河川砂防局砂防課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3044

ファックス番号:054-221-3564

メール:sabo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?