• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 河川・港湾 > 交通基盤部河川砂防局砂防課ホームページ > 令和元年の土砂災害の発生状況を公表します

ここから本文です。

更新日:令和2年1月10日

令和元年の土砂災害の発生状況を公表します

令和元年の本県の土砂災害発生件数は87件(土石流6件、地すべり2件、がけ崩れ79件)で、台風19号などにより昨年の約2倍、過去10年で2番目に多く、全壊3戸、一部損壊3戸の被害が発生しておりますが、避難訓練や事前の避難行動により、人的被害はありませんでした。

台風19号などでは、これまでに整備した擁壁等の土砂災害防止施設が流出した土砂や流木を食い止め、掛川市をはじめ10箇所で、人家等への被害を未然に防いだことが確認されました。土砂災害防止施設が地域の安全度を着実に向上させるストック効果を発揮しています。これらの箇所では、堆積した土砂や流木の除去を進めています。

また、台風19号で土石流が施設内に流入した駿東郡小山町の特別養護老人ホームでは、日頃から避難訓練を実施しており、今回は地域の方の声かけにより事前に避難を行うことができ、人的被害を逃れました。

県では引き続き、国や市町など関係機関と連携し、「防災・減災、国土強靭化のための3か年緊急対策」などを活用した土砂災害防止施設の整備を着実に推進するとともに、6月の「土砂災害防止月間」を中心とした市町との情報伝達訓練や地域における避難訓練を促進し、土砂災害警戒区域等の令和元年度中の指定完了を目指すなど、ハード・ソフトの両面から、県民の皆様の安全・安心の確保と県土の保全に努めてまいります。

★参考資料:令和元年「静岡県内の土砂災害発生状況」(PDF:698KB)

.記者提供資料(12月25日提供)(PDF:962KB)

<参考>近年(10年間)の土砂災害の発生状況

過去10年間の土砂災害発生状況

大雨によりがけ崩れや土砂災害が発生!

掛川市伊達方

静岡市清水区小河内下土

擁壁が幼稚園への土砂流入をストップ!

「伊達方諏訪」(掛川市伊達方)

災害発生日:10月12日

人家1戸が全壊、事前避難により人的被害なし

「小河内下土」(静岡市清水区小河内)

災害発生日:10月13日

駿東郡小山町避難訓練

駿東郡小山町被災

特別養護老人ホーム(駿東郡小山町)

本年6月に避難訓練を実施

台風19号による土石流で土砂が流入

地域の声かけによる事前避難で人的被害なし

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

交通基盤部河川砂防局砂防課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3044

ファックス番号:054-221-3564

メール:sabo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?