• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 交流・まちづくり > 河川・港湾 > 交通基盤部/港湾局 > 駿河湾 > 駿河湾早わかりガイド

ここから本文です。

更新日:平成30年9月26日

駿河湾 THE BAY AT THE FOOT OF MOUNT FUJI
Langage
日本語英語
駿河湾早わかりガイド 日本一深い湾、駿河湾について

日本列島の中央、静岡県の海の玄関口

駿河湾は、日本列島のほぼ中心、静岡県にある湾であり、世界文化遺産である「富士山」の南側に広がる海です。
伊豆半島南端の石廊崎と御前崎を結ぶ湾口は、約56キロメートル。 奥行きは、約60キロメートル、表面積は約2,300平方キロメートルにおよびます。 また、深さは、最も深い地点で水深2,500メートルとなり、日本一深い湾です。

駿河湾の位置と規模解説図

©OpenStreetMap contributors / CC BY-SA

最深部2500mの日本一深い湾は
いまから60万年前に誕生

駿河湾の誕生は、約60万年前にさかのぼります。
日本から、はるか南方数百km先の太平洋の海底に沈む火山群(現在の伊豆半島)が、フィリピン海プレートの移動によって北上し、日本に衝突して、駿河湾ができました。湾内にはフィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界である「駿河トラフ」が通っているため、最深部は2500メートルと、日本一の深さになっています。

駿河湾周辺の海底プレート解説図

プレート移動による駿河湾の誕生の流れ図

富士山との高低差6000m
ダイナミックな海底地形

駿河湾の水を抜くと、ダイナミックな海底地形が姿を現します。海底勾配は非常に大きく、湾の最奥部では海岸からわずか2キロメートルほどで、水深 500メートルに達します。
また湾奥から湾口まで深さ1000メートル以上の海底峡谷が連なっており、それは九州沖を通り、台湾まで続いています。
標高3776mの富士山と、湾の最深2500mとの高低差は6,000m以上。日本一の高さと日本一の深さです。
美しい富士山との鮮やかなコントラストは、海底から続いているのです。

富士山と駿河湾のイメージ

駿河湾海底地形図

Akio Mogi
“An Atlas of the Sea Floor around Japan”
(1979 ,University of Tokyo Press)

黒潮系、亜寒帯系、太平洋の
三つの海洋深層水の存在

海底勾配が急である駿河湾には、陸域から近いところに、太平洋深層水をはじめとする三種類の深層水が存在します。
太陽光がほとんど届かない深海は、植物性プランクトンによる光合成も行われず、また浅い海の海水とも混じり合わないことから、海洋深層水は「低温安定性」「清浄性」「高栄 養性」などの優れた特性をもっています。海洋深層水は、多様な生物を育み、駿河湾の 恵みをより深いものにしています。
静岡県では、海洋深層水「黒潮系深層水」の、食品や医薬品などへの利用をすすめています。
これも日本一深い湾がもたらす恵みの一つです。

3層の海洋深層水解説図

豊かな湧水でつながる、富士山と駿河湾

富士山に降る雨や雪は年間約25億トン。これらが大地に染み込み濾過されながら地下水となり、湧水として地表に現れます。
駿河湾の沿岸には、湧水の名所が数多くあり、豊かな自然を育みながら駿河湾に注ぎ込み、サクラエビなどの海の恵みを育んでいます。また、駿河湾の海底でも湧水が確認されており、現在、海底湧水の研究を進めているところです。
駿河湾と富士山は、豊かな湧水でつながっているのです。

海底湧水解説図と写真


お問い合わせ

交通基盤部港湾局港湾企画課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3682

ファックス番号:054-221-2389

メール:kouwan_kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?