• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 沼津土木事務所 > (国)414号 静浦バイパス

ここから本文です。

更新日:平成26年4月14日

(国)414号静浦バイパスについて

★NEW_TOPIC(新着情報)★(平成26年3月24日更新)

現在の事業の進捗状況は、次のとおりです。

〇(仮称)静浦1号トンネル

トンネル本体の施工業者が、「鹿島・集特定建設工事共同企業体」に決定しました!

平成26年3月19日に静岡県議会が閉会となり、その県議会の承認を受けて、トンネル工事の施工業者として、鹿島・集特定建設工事共同企業体(以下、鹿島・集JV)に決定しました。(JV:jointventure、共同企業体の略語)

新東名高速道路の金谷トンネル西等の実績が豊富な鹿島建設株式会社と、伊豆縦貫道の道路建設工事等の実績のある地元沼津の株式会社集組が、タッグを組んでトンネル工事に取り組むことになります。

今後は、鹿島・集JVとトンネル工事の地元説明会を平成26年5月~6月頃に開催します。

トンネル工事の概要(PDF:1,229KB)(NEW)

〇下香貫地区((国)414号現道交差点~静浦トンネル)

将来の交通車両に対し強固な道路を構築するために、現在、車道部の地盤改良工事を進めています。

請負業者は、下記のとおりです。詳しくは、各業者の各業者の工事担当区域図(PDF:1,354KB)をご覧ください。

番号 施工箇所 工事内容 施工業者 工事予定期間
1. 下香貫地区西側 地盤改良工事 拓和産業(株) 平成25年12月~平成26年6月頃(予定)
2. 下香貫地区東側 沈下対策工事 白岩建設(株) 平成25年10月~平成26年6月頃(予定)
3. 下香貫地区全体 舗装工事 山旺建設工業(株) 平成25年10月~平成26年6月頃(予定)

 

今後の作業予定は、

平成26年~3月電柱の移設及び撤去(東京電力、NTTが、現在の市道にある約20本の電柱を移設・撤去します。)

平成26年3月~6月地盤改良工事及び舗装工事の施工

平成26年7月~トンネル工事着手(予定)

を目指しています。

各業者の工事担当区域図(PDF)(PDF:1,354KB)

下香貫地区の内容(PDF:1,323KB)

 

(仮称)静浦第一トンネル

現在、工事請負業者を入札・契約手続き中です。契約は平成26年3月中~下旬を予定しています。

契約後、トンネル工事請負業者とトンネル工事の説明会を平成26年5月~6月頃に開催します。

トンネル工(PDF:757KB)

 

 

○大平地区

 

現在、(仮称)大平高架橋の詳細な設計を進めています。

平成26年度からは、地盤改良工事の施工を予定しています。

(仮称)大平高架の内容(PDF)

 

事業概要

一般国道414号は、観光地伊豆の下田市と沼津市を結ぶ幹線路線です。その中でも沼津市下香貫地区から伊豆の国市南江間地区の間は、朝夕の通勤時間帯や観光シーズン時に、慢性的な渋滞を引き起こしています。そこで、平成4年に沼津市下香貫地区から伊豆の国市南江間地区の間(約7.9km)が都市計画決定され、平成6年度から県の予算に加えて国の予算も投入し、バイパス整備に着手しています。

計画延長.L=7.9km(現在の国道414号の下香貫地区から伊豆中央道長岡北インターチェンジがある伊豆の国市江間地区の区間)

全体事業費約500億円

一般部標準横断全幅27.0mの道路幅で、車線4車線および両側歩道を設置します。(トンネル区間を除く。)

 

全体計画

このうちの第1期計画として、現在、沼津市下香貫島郷地区から沼津市大平地区の間の約2.5kmを暫定的に整備しています。

計画延長L=2.5km(沼津市下香貫島郷地区から沼津市大平地区の区間)

全体事業費約150億円

道路横断図片側1車線の道路に自転車道、歩道を両側に設置します。1.(PDF:119KB)

計画横断図

 

完成予想図

〇下香貫地区完成予想図

完成予想01(PDF:308KB)

完成予想02(PDF:335KB)

下香貫地区には、4.50mの歩道(トンネル付近の側道は歩道2.50m)を整備し、その内側に自転車道(青色の部分)を整備します。
自転車道と車道の間には、横断防止柵を設置して、歩行者及び自転車通行者の安全を確保します。
トンネル坑口付近は、坑口に向けて国道本線と側道が分離していきます。

〇大平地区完成予想図

大平1(PDF:174KB)

(上の図は、図奥が下香貫方面へ向かう(仮称)静浦1号トンネル、手前が次期工区の口野方面へ向かう高架橋になっています。)

 

大平2(PDF:274KB)

(上の図は、図中央右寄りに(仮称)静浦1号トンネル、図左側が口野方面へ向かう高架橋です。図手前は、県道原木沼津線への接続道路です。)
大平地区は、高架橋により地区を通過します。大平地区には、インターチェンジを設置します。

 

現在の状況

現在、第1期計画の事業を進めており、工事も一部着手し、現在(平成26年3月)、沼津市下香貫地区の地盤改良工事を行っています。今後は大平地区と下香貫地区を結ぶトンネル工事に着手していきます。

また大平地区においても、今後、地盤改良工事を行い、高架橋の工事に取り組んでいきます。

 

説明会の様子

また、沼津市下香貫地区において、事業に関する説明会を平成25年3月12日、19日の両日に開催しました。
皆様からたくさんの御意見をいただきました。
今後も色々な情報を皆さまにお伝えしていきたいと考えております。

地元説明会の詳しい内容

次回の説明会は、トンネル工事の詳細が決定する平成26年5~6月頃を予定しています。
またトンネル工事については、随時、工事内容及び工程を報告していきます。

今後の計画

今後下香貫地区では、引き続き地盤改良工事を進めていき、将来の交通に支障がないように強固な道路を造ります。下香貫地区の道路が通行できるようになった段階で、トンネル工事に着手したいと考えています。
また大平地区では、平成26年度から地盤改良工事に入り、その後、(仮称)大平高架橋の建設工事に取り組んでいきたいと考えています。
これらの現在進めている第1期計画を、平成30年代初期までに完成させ、沼津市大平地区から沼津市下香貫地区の間を開通させる予定です。
また、沼津市大平地区から伊豆の国市口野の間のバイパス整備は、その後になる予定です。(完成は未定)

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

静岡県沼津土木事務所 

〒410-0055 沼津市高島本町1番3号東部総合庁舎6階・8階

電話番号:055-920-2202

ファックス番号:055-922-6684

メール:numado-kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?