• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 富士土木事務所 > 富士土木事務所/豪雨災害対策アクションプラン

ここから本文です。

更新日:平成27年9月10日

和田川・小潤井川・伝法沢川豪雨災害対策アクションプラン

 

富士市を流れる一級河川和田川、小潤井川、伝法沢川の流域(富士市吉原地区・伝法地区)では、河川の流下能力不足に加え、地形的な要因や市街化の進展などが相まって、床上浸水被害の発生が常態化しています。こういった状況を緊急的に改善するために、河川、都市計画、農業、道路、防災といった治水対策に関係する各機関それぞれが取組むべき具体的行動計画を定め、「和田川・小潤井川・伝法沢川豪雨災害対策アクションプラン」として策定しました。

豪雨災害対策アクションプランは、河川を中心に考えられてきた従来の治水対策の対象範囲を、地域住民も含めた流域全体に拡大し、官民の枠を越えて治水安全度の向上のために一丸となった取り組みを進めていくことが大きな特徴となっています。また、対策の進捗状況や効果の検証、行政・住民との意見交換などを継続的に実施し、必要に応じて計画の見直しもおこないます。

アクションプランはこちらをご覧ください(PDF:4,076KB)

富士市香西新田地区の浸水状況
小潤井川のネック区間

 

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

静岡県富士土木事務所 

〒416-0906 富士市本市場441番地の1

電話番号:0545-65-2222

ファックス番号:0545-65-2270

メール:fujido-soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?