• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 富士土木事務所 > 新型コロナウイルスの影響により納付が困難な方に対する占用料等の徴収猶予の特例制度のご案内

ここから本文です。

更新日:令和2年8月7日

新型コロナウイルスの影響により納付が困難な方に対する占用料・使用料等における徴収猶予の特例制度

制度の概要

〇新型コロナウイルスの影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、納期限から最長1年間、占用料等の徴収の猶予を受けることができます。
〇この制度では、担保の提供は不要です。延滞金もかかりません。

対象となる方

以下の1、2のいずれも満たす占用者・使用者等が対象となります。
1新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入(給与や売上)が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
2一時に納付し、又は納入を行うことが困難であること。

対象となる占用料・使用料等

〇令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する以下の占用料等が対象となります。
〇上記期間のものであれば、既に納期限が過ぎている未納の占用料等についても、遡ってこの特例を利用することができます。

1道路占用料

2河川占用料、海岸占用料

3湾岸・漁港内の占用料

申請期限

〇令和2年6月30日、または、納期限いずれか遅い日までに申請が必要です。

提出書類

1徴収猶予申請書
2事実を証する書類
令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、新型コロナウイルス感染症等の影響により事業等に係る収入がおおむね20%以上減少したことを確認できる書類(売上帳、現金出納帳、給与明細書、預貯金の写しなど)。

 

徴収猶予申請書様式(PDF:41KB)

徴収猶予申請書様式(word)

徴収猶予申請書(記載例)(PDF:59KB)

提出方法

メール・郵送・FAXいずれかの方法でご提出ください。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

静岡県富士土木事務所 

〒416-0906 富士市本市場441番地の1

電話番号:0545-65-2222  

ファックス番号:0545-65-2270  

メール:fujido-soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?