• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 富士土木事務所 > 富士川かりがね橋整備事業 > 新々富士川橋架設工事の様子。Vol.3

ここから本文です。

更新日:令和3年3月31日

(仮称)新々富士川橋整備事業

新々富士川橋仮設工事の様子(Vol.3)

今回は、少しづつ組み上がっていく新々富士川橋の様子を紹介します!!

 

工事は橋桁の組み上げが終わり、いよいよ架設の段階。

最大750tまで持ち上げることのできる巨大クレーン、架設を行っていきます。

F25

写真-1クレーンで架設を行っている様子

 

吊り上げているクレーンは国内に数台しかなく、その大きさはなんと地上45mの高さ!

F23

写真-2クレーンの全景

 

上空から見てもクレーンの大きさがよくわかりますね。

F24

写真-3上空から撮影した様子

 

次回も架設の様子を紹介していきます。

 

そして、前回の問題の答えですが、正解は3の「富士川を締め切るために使用する土を採取した場所」でした。

F26

写真-4土の採取場所

 

土を戻す際に元の高さがわかるように、一部土を採取せずに残しているため、写真のような地形ができます。

また次回もお楽しみに!!

 

 

 

橋梁の架設に関する問い合わせ

高田・JFE・横河特定建設工事共同企業体

TEL:0545-30-6301

 

 

お問い合わせ

静岡県富士土木事務所

〒416-0906 富士市本市場441番地の1

電話番号:0545-65-2819(企画検査課)

ファックス番号:0545-65-2270

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?