• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 企業局 > 分譲中の工業団地|富士山麓フロンティアパーク小山 > 充実した優遇制度

ここから本文です。

更新日:令和元年7月31日

充実した優遇制度

最大14億円の補助金(新たな用地取得と工場建設への助成)

小山町地域産業立地事業費補助金(用地取得と新規雇用に対する助成)
<対象>工場・物流施設…1,000平方メートル以上の用地取得、従業員数10人以上(静岡県民)、県内雇用増1人以上
究所…床面積200平方メートル以上、研究・開発員5人以上、県内雇用増1人以上
<補助率>成長分野アスタリスク(黒)小の工場…40%(限度額4億円)
記以外の工場…30%(限度額3億円)
流施設…30%(限度額3億円)
究所…40%(限度額4億円)
規雇用…50万円/アスタリスク(黒)小食品、医薬品、医療機器、環境関連の製造業など

新規産業立地事業費補助金(建物建設と設備購入に対する助成)
<対象>工場・物流施設…5億円以上の設備投資、県内雇用増1人以上
究所…1億円以上の設備投資、県内雇用増1人以上、床面積200平方メートル以上、研究・開発員5人以上
<補助率>工場…投資額の7%(限度額7億円、成長分野アスタリスク(黒)小の場合10%で限度額10億円)
流施設…投資額の7%(限度額7億円)
究所…投資額の10%(限度額10億円アスタリスク(黒)小食品、医薬品、医療機器、環境関連の製造業など

最大1.37%の利子補給(2つの制度を併用)

総合特区利子補給金(総合特区制度を利用した融資と利子補給)
<対象>事業者が、指定金融機関から融資を受ける場合
<優遇措置>5年間、最大0.7%の利子補給

ふじのくにフロンティア推進資金(中小企業向け県制度融資を利用した利子補給)
<対象>中小企業
<資金使途>土地の取得費用、造成費用、建物建設費用、設備機器導入費用等の設備資金
<融資限度額>10億<融資期間>15年以内(据置5年以内<融資利率>1.4%以内
<県が金融機関へ利子補給する率>最大0.67%

県税課税免除等の税制優遇

地方拠点強化税制(本社機能の移転・拡充に対する優遇)
<優遇措置>本社機能を移転・拡充し、事務所、研究所、研修所を整備した場合の税制上の優遇
(移転型:東京23区にある本社機能を県内に移転する事業)
業税…新設又は増設した本社機能に係る従業員相当分…課税免除(3年間)
動産取得税…新設又は増設した本社機能に係る土地及び建物の取得分…課税免除
人税等…【オフィス減税】新設又は増設した本社機能に係る建物等の取得価格に対する特別償却25%又は税額控除7%、
      【雇用促進税制】整備した本社機能に係る当期増加雇用者1人当たり50万円~90万円の税額控除(3年間)
(拡充型:県外(東京23区を除く)からの本社機能の移転、または、県内にある本社機能を拡充する事業)
動産取得税…新設又は増設した本社機能に係る土地及び建物の取得分…95%の減税
人税等…【オフィス減税】新設又は増設した本社機能に係る建物等の取得価額に対する特別償却15%又は税額控除4%
      【雇用促進税制】整備した本社機能に係る当期増加雇用者1人当たり20万円~60万円の税額控除
アスタリスク(黒)小オフィス減税と雇用促進税制は同一事業年度での併用不可

トップ 交通アクセス 分譲価格 優遇制度 立地環境 物件概要

このページの情報をダウンロードする場合には、右の「PDF資料」ボタンを押してください→PDF資料(PDF:471KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企業局地域整備課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2174

ファックス番号:054-251-5381

メール:chiikiseibi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?