• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 地域外交担当部長室 > インドネシア・西ジャワ州知事が来静しました

ここから本文です。

更新日:令和元年11月15日

インドネシア・西ジャワ州知事が来静しました。

11月6日、インドネシア・西ジャワ州のリドワン・カミル知事が、昨年9月の就任以来初めて本県を訪れました。

西ジャワ州は、ジャワ島の西部に位置し首都ジャカルタに隣接する、インドネシア全自治体のうち最大の人口(約4,900万人)を有する州で、同国で最も多くの県内企業が進出しています。

2017年11月、静岡県は同州と「人材育成と経済分野における協力推進に係る覚書」を取り交わしました。この覚書に基づき、2017年度は河川及び水道管理分野で2名、2018年度は国際ジオパークの管理運営面で3名の技術研修員を本県に受け入れています。また、2018年5月に川勝知事が同州を訪問した際には、現地で、県内企業や州政府関係者が参加してビジネス支援ネットワーク会議を開催したほか、静岡県立大学と国立パジャジャラン大学との間で協力関係構築に向けた趣意書が交わされるなど、両県州間の協力関係が深まっているところです。

今回の来静には、同州にあるチレトゥ−パラブハンラトゥジオパークの関係者が同行し、両県州知事の立会いの下、伊豆半島ジオパークとの間で協力覚書を取り交わしました。両ジオパークは、プレートの境界に位置しているという地質的・地理的な特性だけでなく、美しい海岸線や壮大な滝、火山活動がもたらす温泉等、多くの共通点を有しており、昨年4月、同時期に、ユネスコ世界ジオパークに認定されました。今回の覚書を機に、今後、両者の間で知識と経験を共有して、お互いの魅力を世界に発信し、両ジオパークの交流が一層深まり、互いに発展していくことが期待されます。

こうした取組を契機として、今後も様々な分野で両県州間の交流を進めていきたいと考えています。

tiji

表敬訪問での両知事の懇談

siki

ジオパーク間の協力覚書調印

お問い合わせ

知事直轄組織総務課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2081

ファックス番号:054-221-2750

メール:chokkatsu_soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?