• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 静岡県特別補佐・戦略監室 > 知事室の日常

ここから本文です。

更新日:令和3年4月30日

知事室の日常

事室と聞いたとき、どのようなイメージが浮かぶのでしょうか。「近寄りがたい」とか「何をしているのだろう」といった声をよく聞きます。私は県庁で仕事を始めて40年以上が過ぎました。この間、山本、斉藤、石川、そして現在の川勝知事と4人の知事の下で仕事をしています。自らの経験を踏まえ、知事室の日常を紹介します。

は、30代の中頃から、県政にとって重要な問題を担当する機会が多くありました。しかし、斉藤知事や石川知事時代には、知事室は遠い存在でした。

藤知事時代には、清水石炭火力発電所の立地問題を担当しました。私が午前中に起案した文書が、夕方には、知事からの指示で修正するようなことを毎日行っていましたが、当時は主査で、直接知事室で知事から指示を受けることはなく、上司からは「二階級のルール」があると言われました。

階級のルールとは、例えば、知事室ならば入室できるのは副知事と部長、部長室ならば次長と課長までというルールです。私から見れば、当時はそれが決まりで、不自然には感じませんでしたが、客観的には、密室で意思決定がなされ、後は伝言ゲームであったと思います。

川知事時代には、多文化共生の取組を始めたり、知事肝いりのファルマバレープロジェクトの担当課長を務めたりしましたが、知事室での協議に参加することは許されず、知事からの指示や知事の思いを直接聞くこともありませんでした。今思えば、石川知事時代も斉藤知事時代と同じシステムで意思決定が行われていました。

 

方、川勝知事は、就任当初から知事室の扉を常に開かれた状態にしていて、「万機公論」や「情報の共有」を協議の前提としています。このため、知事室では、毎日5~10件の担当部局との協議が行われますが、部長、局長はもちろん、担当課長や担当職員も時には協議に参加して、知事からの質問に答えたり、意見を述べたりする場面が多く見られます。

は、これら協議の全てに参加しています。県の判断・決定が間違いなく行われるため、ある部局だけによる協議ではなく、関係する部局も一緒に協議に参加するよう促すことで縦割打破を指導し、また、県にとって都合の悪い情報も正確に報告するよう各部局を指導しています。

れからも関係職員の多くが知事と直接意見交換ができ、透明性が確保される今のシステムがより磨かれるように、戦略監としての職務を果たしていきたいと思います。

 

コロナ対策の協議

新型コロナ対策の協議

山梨部長や後藤参事も参加しています。

 

た、県民の皆様をはじめ、お客様を迎えた面談も毎日のように行われています。テーブルには、県民の方からボランティアでいただいたフラワーアレジメントが飾られており、和やかな雰囲気での対話が進んでいきます。こうした面談は、TV局や新聞報道の記者たちに公開して行われるものも数多くあります。

 

リニア関連

連合会会長面談

「リニアから大井川の水と自然を守る小笠・掛川の会」による署名提出及び面談

報道機関に公開して行いました。

静岡県商工会議所青年部連合会会長との面談

 

のように、1日にたくさんの人が出入りする知事室。コロナ禍において求められるのは感染予防の対策です。

知事室に来たお客様や協議にくる職員には、まず検温と手指のアルコール消毒を行っていただきます。エレベーターホールにおかれたサーマルカメラ(非接触型体温測定)で体温とマスクの着用を確認し、静岡県トライアル発注選定品(※)のオートディスペンサーでアルコール消毒をしていいただきます。素早くかつ接触することなく、これらを行うことができます(過去に37℃を超える人もいましたが、その方にはお帰りいただきました・・・)。

面談や協議で使用した椅子や机は、終了後、その都度秘書たちが消毒液で拭き掃除を行っています。このように、知事室では感染予防対策を厳重に行っています。

(※)静岡県トライアル発注選定品・・・県内中小企業者支援の一環として、県が試験的に発注・ユーザー評価・実績公表を行う商品。企業の販路開拓を支援する。

 

オートディスペンサー

協議後

知事室前には、アルコール消毒用のオートディスペンサー(ふじっぴーの右隣)と、検温とマスク着用を同時に確認できるサーマルカメラ(右)が設置してあります。

協議や面談の後は、

秘書たちが拭き掃除を行います。

 

事は、分刻みのスケジュールを毎日精力的にこなしています。秘書課の職員たちも、知事に遅れぬように奮闘中です。

 

お問い合わせ

知事直轄組織総務課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2081

ファックス番号:054-221-2750

メール:chokkatsu_soumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?