• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 緊急・危機管理情報/県内気象情報のご案内 > 新型コロナウイルス感染症についてR30203 「知事記者会見」

ここから本文です。

更新日:令和3年2月3日

covidyouseisyasu_banner

県民の皆様へ 川勝知事からのメッセージ(2月3日)  

 

 突然の記者会見ですけれども、昨日、菅総理大臣の方から緊急事態宣言が、3月7日まで、延伸されるということになりましたので、それを受けての県民の皆様へのメッセージでございます。これは、1ヶ月延長ということは大都市を中心とした現下の厳しい感染状況に鑑みますれば、当然であると受け止めております。
本県は、この東西を緊急事態宣言発出県に挟まれております。今後も感染拡大リスクが高いと考えられますので、この本県の医療提供体制もひっ迫してることに照らしますと、引き続き、感染拡大防止と医療提供体制の確保に努めなければならないと受け止めております。

 

 御心配かけました変異株についてでございますが、1月18日と21日に確認されました変異株につきましては、国と連携した検査で、既に公表あるいは検査が終了した176件、全てで陰性が確認されました。現時点で新たな感染事例は確認されておりません。まだ、変異株の感染者の発生を確認した日から2週間しか日が経っていないということもございますし、また検査数も限られておりますから、感染の拡がりの推定には不確実性も残っております。変異株による急速な拡大、感染の拡大の危険性は一定程度は下がったと考えますけれども、すなわち状況は改善しておりますけれども、今しばらくの間、国と連携した検査等が必要な状況でありますので、県内での変異株への注意を呼びかけました「感染拡大緊急警報」につきましては、引き続き発出したままということにさせていただきます。

 

 現在の県内における感染状況でございますが、本県の感染状況は、1週間当たりの新規感染者数が10万人当たり10人を下回りました。最近の感染状況は改善傾向にあります。また、病床占有率も、東部はまだ50%と高いのですけれども、県全体では約35%であります。要は改善傾向にあるということでございます。県民の皆様の感染防止対策の徹底した行動、行動のまた自粛ということが、功を奏しておりまして、これまでの御協力、御努力に対しまして厚く感謝を申し上げるものであります。こうした状況から、先日発表いたしました8つの対策につきましては、お手元に配布の資料のとおりといたします。これはホームページでも公表しておりますので、この8つの対策につきましては、ぜひ守ってくださるようにお願いを申し上げたく存じます。

 

 さて、県内での移動についてでございますが、県内における外出につきましては、これまで、不要不急の外出の機会を減らしてくださるようにお願いしてまいりました。しかし、その原因だった変異株の関連情報がある程度蓄積されてまいりました。加えて県内の感染者数や病床占有率も低下してまいりましたことから、県内における不要不急の外出自粛の要請はこれを、本日を持って終了いたします。

 

 ただし、強調しておかねばなりませんのは、感染リスクがなくなった訳ではありません。県内における外出にあたりましても油断はされることなく、マスクは着用してください。また、3つの密を避ける等々、8つの対策でございますが、これをお守りいただきまして、感染防止対策の徹底を継続してくださるようにお願いをいたします。

 

 今の感染のこの原因でございますけれども、会話をしながらの食事というのが最も多いということで、この感染リスクの高い会話をしながらの食事は、なるべく、なるべくしないというか、基本的にしないというところでございます。同居の御家族以外の方と食事をする際には、「食事は黙って食べる」あるいは「会話は必ずマスクを着用する」というこの原則をお守りくださるように、お願いいたします。

 

 県境を跨ぐ不要不急の移動につきましては、これまで、各都道府県の感染状況にかかわらず、回避をお願いしてまいりましたが、全国の感染状況を踏まえまして、これまでの、「回避」、「特に慎重に行動」、「慎重に行動」、「注意して訪問可」の4段階に戻します。これもホームページに地域別に書かれておりますので、御参照いただければと存じます。

 

 特に注意するべきことは、東京都、神奈川県、愛知県など緊急事態宣言の発出中の11都道府県並びに独自の緊急事態宣言等を発出している県についてでございますけれども、不要不急の訪問は回避してください。緊急事態宣言発出地域への通勤は、なさっている方がいらっしゃるのは承知しておりますが、政府の削減目標を踏まえた7割削減などの協力をお願いしたいと存じます。その他の地域との往来は、毎週発表している都道府県別の行動制限を御参考にしていただきまして、感染防止対策を徹底してくださった上で慎重に行動くださるようにお願いします。また、緊急事態宣言が発出されている都府県の皆様には、本県への訪問は控えて下さるように引き続きお願いをいたします。

 

 その他の地域につきましては、対象地域の感染状況を踏まえ、感染防止対策を徹底してください。また、本県から移動されるような行動は、緊急事態宣言発出地域を通過する可能性が高いということも踏まえまして、往来を慎重にしてくださるようにお願いをいたします。

 

 店舗、事業所の感染防止に関してでございますが、店舗、事業所の皆様には、業種別ガイドラインの実践を徹底してくださるようにお願いします。また、感染防止対策が実践されていることを店先、玄関、ホームページなどで御掲示をくださるようにお願いします。また来訪者へも呼び掛けをお願いいたします。これが感染防止運動になります。この感染防止運動を盛り上げてくださるようにお願いをするものです。

 

 事業者への支援についてです。コロナ禍で飲食店、観光事業者、仕入れ事業者の皆様、大変多くの方が日々苦労されているのをよく承知しております。過日、本県が市町と連携して地域経済の支援に取り組む「地域振興臨時交付金事業」30億円について発表をいたしました。既に多くの市町から問合せをいただいております。連携可能な事業も発表されてきております。今後、市町の創意工夫を最大限活かし、地域の実情に即した制度となるように、市町の御意見を踏まえた制度構築に取り組んでまいります。

 

 もうひとつ、この誹謗中傷がなかなか止みません。この撲滅は最大の課題といってもいいくらいです。県民の皆様には、感染者、また、なかんずく医療従事者の皆様に対しまして、是非、温かい目で見守ってくださりますように、誹謗中傷、また差別のない社会の実現にも向けまして、御協力をお願いするものであります。

 

 結びでございますが、国の緊急事態宣言が延長されました。本県でも変異株に関する感染拡大緊急警報が発出中のままでございます。県民の皆様には、経済的にも精神的にも大変、御不自由、御負担をお掛けしていると存じます。
 

 しかし、皆様の御努力のお陰で、感染状況は改善してまいりました。ワクチンの接種効果が社会に拡がるまでは、もう少し時間がかかります。それまでの時間は、感染防止対策を徹底しながら、経済や生活を回すことになります。
 

 皆様には、これまでの御努力と経験の蓄積もございますでしょう。どういう場面で感染リスクが高まるかは、もう十分に御理解いただけているものと存じます。それに基づく皆様の御協力に感謝しながら、コロナの収束には、まだ、ワクチン接種は始まっていませんので、時間がかかりますから、しかしながらですね、県内での外出自粛の要請を本日をもってやめました。そこで、例えばですね、お一人、あるいは同居家族の方と静かに外食を楽しむなど、制約のある中ではございますけれども、ささやかな楽しみを見つけていただきまして、そのことが飲食店の方々を助けることにもなります。ですから、御一緒にこの難局を乗り切ってまいりたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 それから、皆様の最大の関心でございますでしょう、ワクチンの接種の、目下の県における準備状況でございますけれども、これをですね、ここに画像に映しましたので、御覧くださいませ。県の体制整備でございますけれども、2月1日にワクチン班を5人から16人に増大いたしました。それから、冷蔵庫が必要です。このワクチンは、マイナス70℃以下とかですね、そういうものを必要としますので、国から割り当てられました超低温冷蔵庫263台の配置先を今、調整中でございます。また、2月中に41台、以降6月までに、県内の医療機関等にこれを配備してまいります。それから、医療従事者の接種が先行いたします。その先行接種として、桜ケ丘病院で2月中旬に国が接種を実施なさいます。そして、この医療従事者の優先接種につきましては、県内対象者はだいたい12万人程度、現在、県において、医師会、病院協会等の御協力の下で名簿を作成中であります。その次は、この高齢者の方が全員接種でございますが、全国的に接種時期が変更されております。今のところ、3月末から4月以降になるということでございますので、お心得いただければと存じます。

 

 その他の方への接種は、基礎疾患を持たれている方、高齢者施設等の従事者を優先いたします。そして、順次、その他の方々への接種を実施していくと、こういう段取りで現在、私共は準備しているということでございます。

 

令和3年2月3日  静岡県知事 川勝 平太


 

お問い合わせ

危機管理部危機対策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3601

ファックス番号:054-221-3252

メール:saitai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?