• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 緊急・危機管理情報/県内気象情報のご案内 > 新型コロナウイルス感染症についてR30428 「知事記者会見」

ここから本文です。

更新日:令和3年5月18日

covidyouseisyasu_banner

県民の皆様へ 川勝知事からのメッセージ(4月28日)  

 大型連休期間中の感染防止の徹底に関する県民の皆様への呼びかけでございます。

 明日からゴールデンウイークが始まります。全国的にこの新型コロナウイルス感染拡大が急速に進んでいるのはご案内の通りでございます。残念ながら今年も感染に対する危機意識を持ってですね、昨年のゴールデンウイークと一緒のように、感染対策をとって過ごさなければならないということでございます。

 全国では今週から東京都ほか4都府県に緊急事態宣言が発出されました。また本県に隣接する神奈川県、愛知県でも蔓延防止等重点措置が適用される状況となっております。本県の感染状況ですけれども、直近の1週間で人口10万人当たりの新規感染者数は4.5人と概ね横ばいで推移しております。4月16日から22日までの1週間の検査結果によりますと、県内陽性者の方のうち、変異株ウイルスが約4割を占めていると推定されております。しかもその割合は上昇傾向にあると報告を受けました。また4月23日に開催されました新型コロナウイルス感染症対策専門家会議におきまして、委員の皆様方から、県内の第4波が始まりかけているという見解が示されました。これは厳しいご指摘でございまして、危機感を持って受けとめているところであります。

 そこで、ゴールデンウィークを控え、県民の皆様に感染防止対策の徹底を改めて、呼びかけさせていただきたいと思います。どういうことをしなくちゃいかんかということでございますが、これから美しいアヤメかカキツバタと言われたりする、季節になってきますけれども、若い方からご高齢の方まで、より多くの皆様に覚えていただけるように、危機管理部中心にですね、五七調で五つの心得を、カキツバタ。味がありますねえ、最初はカキクケコだったそうです。これがカキツバタになったと。これは危機管理報道官のですね、杉山さんがですね。相当力を入れて。この杉山君というのは全国の鉄道についてですね知らないところはないという、すごい。何か職業を間違ったんじゃないかという感じですけれども、その方はこういう、教養もお持ちで、カキツバタと。

 「感染が 身近に迫る 変異株」

 「緊急の 宣言地域 行かないで」

 「つつがなく 過ごす 家族と 県内で」

 「バス移動 車内もマスク 外さない」

 「たくさんの 人が集まる 密避けて」

 ということでふじっぴーくんがですね。守ってくださいよと。そしてカキツバタの絵が描かれているものでございます。今日は杉山君はお越しでしょうか。彼が危機報道官の杉山君です。というわけでございます。まずこういうことでございますけれども、特に連休中でございますからお祭り、或いはイベントが開催されるところがあると存じますけれども、行事に参加する場合、主催者の指示に従っていただきまして、大声や飲食中の会話を行わないなど、感染リスクの高い行動をお控えくださるようにお願いします。また、主催者の皆様も実施される場合、人数制限等、密集回避の対策を、徹底していただきたいと。また県外からの参加者に対しては、県境を跨いだ参加の自粛を呼びかけてくださるようにお願いを申し上げたい。適切な対応をお願いいたします。飲食店、宿泊施設、観光施設等、集客施設におかれましても、各業種組合のガイドラインがございますからこれを遵守していただいて、感染防止対策の徹底をお願い申し上げます。ゴールデンウィークはこのカキツバタを常に心がけ、自分がコロナに感染しない、県内に変異株ウイルスを持ち込まないという、これに合った行動をよろしくお願いいたします。なお、ゴールデンウィークの期間中におきましても、静岡県では、圏域ごとに、当番医また輪番病院等による診療体制が確保されております。検査につきましても、自治体の機関において実施できる体制が確保されております。連休期間中に発熱等の症状が出た場合には、県や政令市が設置されている発熱等受診相談センターまでご相談をくださるようにお願いをいたします。

 続きまして、ふじのくに、安全安心認証、飲食店に対するものが中心ですけれども、安全安心認証制度の創設についてであります。

 元になっているのは、山梨県さんが見事に実施されておられますグリーンゾーン認証の制度でございます。これをもとにいたしまして、県民の皆様が安心して飲食店をご利用いただけるよう、飲食店の感染症対策の実施状況を現地で確認の上、県が認証する制度を創設し、5月中旬を目処に運用を開始いたします。

 このふじのくに安全安心認証制度は、調査項目を国が推奨されている約50項目といたしまして、現地確認をした上で、県の認証書及び認証ステッカーを交付するものであります。この感染症対策を徹底している飲食店であることが、県によって認証されることで、コロナ禍において、県民の皆様に安心して飲食をしていただき、感染拡大の防止と、社会経済活動の維持との両立が図られるよう、この制度、県内の飲食店の皆様に推奨していくと。これ急速にこういう形に進んだのは、山梨県と静岡県の県議会を含めた、特に議長さん、山田議長、また現在向こうは桜本議長さんですけれども、こうしたお2人の連携がありまして、さらにですね、決定的に重要だったのは、内閣府の赤沢副大臣からご連絡をいただきまして、私はこの69億円、このいわゆる観光支援の制度でありますが、これにつきまして、これを、お店の方にも使えるようにと、つまり感染対策が取れるようにと、パーテーションを置くとか、或いは換気扇を設置するとか、或いはアクリル板を置くとか、等々でございますが、こうしたものにも使えるようにしていただきたいというふうに言いましたところ、動いてくださいまして、そして、こういう方向で国の方が動くことになったということでございます。従いまして、県議会の議長さん、そしてまた、赤沢副大臣には厚く御礼を申し上げたいと。それに、そのご厚意にこたえるためにですね、県下3万2000店ぐらいの店舗がございます。大体4割を目指そうということで、この申請書を中旬ぐらいに出しまして、それに応じた形で、認証を、今言ったような手続きを経て、出していきたいと、こういうふうに。そうしますと、安全であるということがもう確証されてるところですから安心して、お食事いただけるということになると、いうことでございます。5月中には、認証書の交付を開始する予定でございます。

 

令和3年4月28日  静岡県知事 川勝 平太


 

お問い合わせ

危機管理部危機対策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3601

ファックス番号:054-221-3252

メール:saitai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?