• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 緊急・危機管理情報/県内気象情報のご案内 > 新型コロナウイルス感染症についてR30430 「知事記者会見」

ここから本文です。

更新日:令和3年5月11日

covidyouseisyasu_banner

県民の皆様へ 川勝知事からのメッセージ(4月30日)  

(知事)

 新型コロナウイルスに関しまして臨時の記者会見でございます。

 発表項目と言いますか、3点にわたっておりまして、一つは直近の感染状況。それから二つ目は、医療提供体制。そして三つ目は、地域観光支援事業に関わることでございます。

 

 

 まず、直近の感染状況の御報告を申し上げますと、今週の県内の感染状況につきましては、前の週に比較いたしまして増加基調にあります。しかし、人口10万人当たりの感染者数は他県に比べ、低く抑えられております。国のステージでは、ステージⅡに相当いたします。しかしながら、変異株の感染割合が急速に上昇傾向にありますことから、感染力が強い変異株が急速に広がることが懸念されている現況であります。

 

そこで県民の皆様に、ぜひ、今年のゴールデンウィークは、引き続き3密を避けてくださると、自分がコロナに感染しないための行動を改めてお願いを申し上げます。感染拡大地域にお住まいの方々。首都圏、あるいは愛知県ですね。県境を跨ぐ自粛要請がされておりますので、本県への訪問については、ゴールデンウィーク期間中は、自粛をしてくださるようにお願いをしたいと存じます。

 また大規模イベント、すでに延期・中止を決定されたイベントもございますけれども、主催者の皆様が苦渋の決断をされましたことに対しまして、改めて、感謝を申し上げるものであります。感染拡大地域からの移動を伴うもの、あるいは、参加者が1,000人を超える大規模なイベントを予定している事業者の皆様には、こちらが用意いたしました100項目のチェックリスト等によって、感染防止対策の徹底を改めてお願いを申し上げます。

 

 さて、二つ目の医療提供体制に関してですけれども、新しい病床確保計画を策定するため、県内全病院に対しまして依頼をいたしました。

 これは前回、山梨君から発表した通りでございますけれども、通常医療とのバランスを確保した最大病床として、現在は422床(正しくは442床)ございますが、これに対しまして、80床多い522床の確保の目処が立ちました。山梨君を始め、健康福祉部の人々が、これに関しまして尽力してくださったおかげでございます。また御協力いただいた病院に対しましては、御礼を申し上げます。

本日、常時受入可能な体制に移転していただくように、知事名で御依頼申し上げましたので、各病院におかれましては、受入体制の整備をお願い申し上げます。また、限られたコロナ感染者受入病院の病床を効率的に運用するためには、後方支援病院の御協力が欠かせません。そのために、後方支援病院として病床を用意していただける病院に対しましても、受入れについての協力を引き続きお願い申し上げております。

 県民の皆様におかれましては、このように、医療提供体制を逼迫した状態にしないことが、いかに大切なのかということを御理解いただきまして、感染防止対策に最大限の御協力を、どうかお願いを申し上げるものであります。

 

 

 3番目、この地域観光支援事業の今後の対応でございますが、地域観光支援事業について、本日、現在で、先ほど申しましたごとく、中止等の判断基準にあるステージⅢ相当には至っておりません。しかしながら、新規感染者数の増加傾向、並びに医療提供体制を確保しなくてはならないという状況を踏まえまして、事業の一部を停止することといたしました。事業の再開時期につきましては、ゴールデンウィーク明け1週間程度、県内の感染状況等を見極めた上で判断をしていくという考えでおります。これは、そのことにつきまして、今回、担当者が出席しておりますので、それぞれの担当部長さんの方から御説明を差し上げます。よろしくお願いします。

 

 

(藤原危機管理監)

 危機管理監の藤原と申します。よろしくお願いいたします。

 今、知事から御説明がありましたうちの第1項目、お手元の資料「ふじのくに基準に基づく警戒レベルの発表」、1ページめくりますと日本地図が載っているものがあります。この資料でございます。

 今週の県内の感染状況につきましては、人口10万人当たりの感染者数が一番上の段にございますとおり10万人当たり5.4人。病床の占有率が20.4パーセントとなってございます。前週に比較しますと、病床占有率が増加基調にあります。県の感染流行期につきましては、感染まん延期の前期といたします。国のステージはステージⅡに相当いたします。県の警戒レベルは、レベル4(県内警戒、県外も警戒)でございます。

 変異株につきましては、陽性者に対する割合は64.6パーセントとなっております。前の週に比較して、23ポイント増加しています。変異株へ入替わりが顕著になっております。感染力が強い変異株が増える中で、感染経路不明者の割合は、先週と比べますと10ポイント以上これも上昇しており、変異株の市中感染が急速に広がることを懸念しております。

 前の週に比べまして、この全国の比較でございますけれども、この日本地図、それから次のページをめくりますと、現在のところがございます。

 緊急事態宣言地域、まん延防止等重点措置地域、独自の外出自粛等を発出している地域等をここに書いてございます。この後ろにはさらに個別の市、町の文章が書いてございます。先週に比べ全国では、埼玉県、千葉県、神奈川県、沖縄県で、まん延防止等重点措置の適用となる都市が追加されております。全国では7県の54市町となっております。先週は7県で22市町でしたけれども、今回は7県で54市町と倍以上に増えております。

 感染拡大地域が拡大しております。これらの感染拡大地域へ出かけることは極力回避してください。またやむを得ず、本県への訪問を予定されている方々は、マスクの着用や3密を避ける行動など、感染防止対策の徹底をお願い申し上げます。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 

(山梨感染症対策担当部長)

 健康福祉部の感染症対策部長山梨でございます。どうぞよろしくお願いをいたします。

 私からはですね、医療提供体制について御説明をいたします。お手元にですね、新型コロナウイルス感染症に係る病床確保を依頼しましたという、資料をお配りしてございますので、そちらの方も御覧いただければと存じます。

 医療提供体制につきましては、先ほど知事からも御説明いたしましたとおり、新しい病床確保計画を策定するために、県内全病院に対しましてお願いをしました結果、通常医療とのバランスを確保した最大病床として、現在の442床に対しまして80床多い、522床を確保する目処が立ちました。現時点では、感染状況は第4波が始まりかけていると思われますけれども、変異株の割合が高まっておりまして、いつ何時、急激な感染者増に繋がるかわかりません。その時になって病床の準備を始めましても、対応が間に合わない可能性もございますので、本日、追加の80床を提供いただける病院さんに対しまして、新型コロナウイルス感染症専用の病院として、常時受入可能な体制に移行していただくように、知事名でお願いをいたしました。各病院におかれましては、受入体制の準備をよろしくお願いをいたします。

 また、限られたコロナ感染症受入病院の病床を効果的に運用するためには、発症後10日を過ぎて、感染症の病床から退院する患者を受け入れていただきます、後方支援病院の御協力が欠かせません。このため、後方支援病院といたしまして、病床を用意していただきます病院に対しましても、知事名で受入についての同意をお願いをして参ります。

 なお、今後、感染が拡大する傾向が見て取れた際には、外来診療や入院の制限、急ぎでない手術を先送りするなど、県民の皆様が日々受けられている医療を一定程度制限してまでも、病床を確保する必要というものが生じることが想定されます。その際には、感染症法第16条の2第1項に基づく病床確保の要請を行う必要があると考えておりまして、現時点では、病院の皆様から60床の確保について御協力いただける予定でございますけれども、プラスアルファでさらなる確保いただけるように、協力要請をして参ります。通常医療の必要な患者さんも数多くいらっしゃいますので、医療資源を無尽蔵にコロナ対策に振り分けるということはできません。

 県といたしましても、この他にですね、宿泊療養施設の拡充ですとか、自宅療養者の健康観察体制の強化など、できる限りの体制強化に取り組んで参ります。

 県民の皆様には、医療提供体制を逼迫した状況にしないことが、いかに大切なのかということを御理解をいただきまして、感染防止対策に最大限の御協力をいただきますように、どうぞよろしくお願いをいたします。

 以上でございます。

 

(植田スポーツ・文化観光部長)

 スポーツ・文化観光部長の植田でございます。

 先ほど知事の方から、地域観光支援事業につきまして事業の一部を停止ということでしたけども、具体的にですね、明日の5月1日から5月5日までの旅行に関する新規の予約、新たな予約についてですね、割引対象外といたします。さらに5月6日から予定しておりました、コンビニエンスストアでの旅行券の発行など新たな割引制度、こちらについては、事業の開始を当面延期することといたします。

 この延期した事業の再開につきましてはですね、ゴールデンウィーク明けのですね1週間程度、県内の感染状況等を見極めた上でですね、再開するかどうか、もう1回判断したいと思っております。

 以上でございます。

 

(知事)

以上でございます。

 

令和3年4月30日  静岡県知事 川勝 平太


 

お問い合わせ

危機管理部危機対策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3601

ファックス番号:054-221-3252

メール:saitai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?