• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 緊急・危機管理情報/県内気象情報のご案内 > 新型コロナウイルス感染症についてR30726 「知事記者会見」

ここから本文です。

更新日:令和3年7月28日

covidyouseisyasu_banner

県民の皆様へ 川勝知事からのメッセージ(7月26日)  

 臨時記者会見でございます。3点、申し上げたいことがございます。
 一つは県民の皆様への呼びかけ、もう一つは、下田並びに沼津への時短要請、三つ目は、県内の観光促進事業並びにG0 To Eatキャンペーンについての皆様へのお知らせでございます。


 まず、皆様への呼びかけでございます。現在、緊急事態宣言発令中の東京都を中心に、首都圏では、デルタ株による感染拡大が、顕著となっております。静岡県内では、東部地域を中心に7月中旬から感染者数が急増しているのが現状であります。7月25日現在、東部地域における直近1週間の人口10万人当たりの新規陽性者数を見ますと、20人を超えております。病床占有率も東部地域では、30パーセントを超えております。逼迫の度合いが非常に高まっているという現状であります。東部地域に限らず、今、夏休みに入りました。帰省も行われるでしょう。お盆もございます。イベント等もございます。これらによりまして、人流が拡大する時期でございますので、感染防止対策の徹底が重要であります。そこで、県民の皆様には、改めてでございますけれども、次の行動を強くお願いするものであります。一つは、感染力が強い変異株を前提にしていただきまして、マスクの着用を徹底してください。また密集・密接・密閉の3密はもちろんですけれども、例えば一つの密でも避けるよう心がけてください。人が移動する、あるいは人に会うとき、これは感染リスクが伴うという意識を持ってください。東京都など感染拡大地域との不要不急の移動は自粛をお願いいたします。同居の御家族以外の方と食事をする際は、食事は黙って、楽しんでいただき、会話の時にはマスクを着用してください。デルタ株というのは、子供さんを含めた若年層の感染が懸念されております。手洗いなど基本的な感染防止対策を徹底してください。飲食店等事業者の皆様におかれましては、各業種組合のガイドライン等を遵守していただき、県の安全安心認証制度を積極的に御活用願いたいと存じます。そして、社員寮・共同生活等での感染防止対策を徹底してくださるようにお願いします。感染者の急拡大を何としてでも抑えたいということでございます。県民の皆様の御協力を切にお願い申し上げます。

 続きまして、沼津市・下田市における、飲食店に対する営業時間の短縮要請であります。まず、沼津市につきまして、複数の飲食店クラスターが発生いたしました。7月25日時点で、人口10万人当たりの新規観戦者数が29.5人であります。これは、国のステージⅣの基準25人を上回る人数です。また、沼津市のある駿東田方圏域の病床占有率は67パーセントに達しておりまして、医療提供体制が逼迫しているのが現状です。また、下田市につきましては、人口10万人当たりの新規感染者数が226.8人とすさまじい数になっております。これはステージⅣの基準を大きく上回るもので、飲食に関連したクラスターも発生しております。また、下田市のある賀茂圏域では、新型コロナ感染症の病床は、4床しか確保されておりません。そこで、他圏域の医療機関に入院していただいている状況でございます。賀茂・熱海伊東・駿東田方を合わせた病床占有率は41パーセントになっておりまして、賀茂圏域の医療提供体制は、非常に厳しい状況になっております。沼津市・下田市を含む東部地域は、デルタ株の影響によって感染が拡大している首都圏の1都3県に近いので、通勤通学など生活経済の分野で繋がりも深いということでございます。まん延防止等重点措置の実施区域である神奈川県との県境を跨いだ往来も多いということが現状です。このため、沼津市及び下田市におきまして、市内全域の飲食店を対象に営業時間短縮を要請することといたしました。この度、2市及び国との協議を重ねまして、7月28日から8月10日までの14日間、午後8時から午前5時までの間の営業を自粛していただきます。また、お酒類の提供は、午後7時からは自粛していただくように要請をいたします。今回の要請は、新型インフルエンザ対策等特別措置法第24条第9項に基づくものであります。今回の要請につきましては、感染力が強いデルタ株の感染拡大を防止し、安定した医療提供体制を維持するために、地域社会全体での対策を強化するための措置であります。事業者の皆様におかれましては、この趣旨を御理解いただきまして、何卒、御協力をお願い申し上げます。
 県の要請に応じまして、営業時間を短縮なさる店舗に対しましては、協力金を支給いたします。1店舗1日当たり営業規模に応じてですが、2万5,000円から7万5,000円を支給できるように調整をしております。なお、県ではふじのくに安全安心認証制度による飲食店の感染防止対策の取り組みを進めているところであります。飲食店の皆様には、ぜひこのふじのくに安全安心認証制度の取得をお願いしたいと存じます。沼津市及び下田市を初めとする県民の皆様、事業者の皆様、今回の時短要請の措置に改めて御理解、御協力を賜るとともに、拡大するデルタ株に対しましては、一密でも避けるなどこれまで以上に感染防止対策が必要です。この認識に立っていただきまして、皆で危機感を持って行動されるようにお願いを申し上げます。

 最後に、県内観光促進事業並びにGo To Eatキャンペーン食事券についてであります。まず、県内の観光促進事業でありますが、県民を対象とした県内観光促進事業「バイ・シズオカ~今こそ!しずおか!!元気旅!!!~」に関しましては、現在事業停止の判断基準であるステージⅢには至っておりませんが、感染拡大防止の観点から、7月30日以降の予約についての割引は停止いたします。続きまして、Go to Eat食事券ですけれども、国のGo To Eatキャンペーン事業につきましては、明日7月27日から当面の間、食事券の利用の自粛をお願いいたします。なお、引き続きテイクアウト並びにデリバリーについては利用できます。

 これらについての詳細は、私の会見の終了後に担当の方から御説明を差し上げます。以上であります。

令和3年7月26日  静岡県知事 川勝 平太


 

お問い合わせ

危機管理部危機対策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3601

ファックス番号:054-221-3252

メール:saitai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?