• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 緊急・危機管理情報/県内気象情報のご案内 > 新型コロナウイルス感染症についてR30910 「知事記者会見」

ここから本文です。

更新日:令和3年9月27日

covidyouseisyasu_banner

県民の皆様へ 川勝知事からのメッセージ(9月10日)  

 どうも恐縮でございます。御案内のように昨日、本県の要請もございまして、政府の基本的対処方針が変更され、今月12日が期限とされておりました本県の緊急事態措置が9月30日まで延長されました。これを受けまして、先ほど、新型コロナウイルス感染症対策本部本部員会議を開催いたしました。緊急事態措置の延長に伴う、本県の対応方針を決定いたしましたので、皆様方に御紹介申し上げます。

 主な措置につきましては、現在、緊急事態措置が行われておりますので、それと同じでございます。県民の皆様に対しましては、不要不急の外出自粛をお願い申し上げます。また、事業者の方たちに対しましては、酒類やカラオケ設備を提供する飲食店に対しまして、休業、或いは、この大規模集客組織に対する営業時間の短縮などの要請は継続することとなりました。改めて、県民の皆様方、また事業者の皆様方のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

 本県に緊急事態措置が適用されましたのは、8月20日でございますが、本日まで全体の傾向が、このグラフに現れております。8月の下旬に1日当たり600人台を見ました。しかし、徐々に減少いたしまして、昨日段階では、新規感染者数は200人を下回るまでになっております。また、国の人流調査によりますと、静岡県周辺の夜間の人出は、7月初めに比べて約7割減少しております。このことは県民の皆様が、いわゆる、セルフロックダウンを意識して行動してくださってるおかげであるというふうに思っておりまして、県民の皆さん対しまして、御協力に厚く御礼を申し上げます。

 また飲食店に対しましては、休業、営業時間の短縮を要請しておりますけれども、見回り調査をした結果、99パーセントの飲食店の御協力が得られているということが確認できております。経営面で大変厳しい状況の中でございますけれども、御協力をいただいております事業者の皆様に対しまして、改めて感謝を申し上げます。引き続きよろしくお願いいたします。これらのことから、緊急事態宣言後の取り組みが一定の効果を発揮しているというふうに理解をしております。しかし、1日当たりの新規感染者数は、減少傾向にございますけれども、日々200人前後ということでございますから、極めて多いと。そしてまた、病床占有率はまだ5割を超えております。医療提供体制は危機的状況が続いているということでございます。そのために、対応方針におきまして、引き続き基本的な感染防止対策の徹底を要請いたします。医療提供体制の拡充を図ります。県といたしましては、新規感染者数の減少を確実なものとして、何としても緊急事態宣言の延長は、今回をもって最後としたいというように強く決意をしているところでございます。

 そこで、我々といたしましては、大きく4点に注力して取り組むことといたしました。

 まず、8月に入りましてまん延防止並びに緊急事態宣言となりまして、県のこの感染症対策の中核を担っているのは、健康福祉部感染症対策局でございます。ここは、今、県では7割の方々はオンラインでやってくださいと、自宅で勤務してくださいってこと言っておりますけれども、フル勤務になっております。実際、部長代理(正しくは、感染症対策担当部長)の山梨君が今日来ているかどうか知りませんけれども、山梨君或いは局長の青山君は、休みがありません。私見に行きましたけれども、全員がですね仕事されてると。疲労感も溜っているに違いないと思っております。そしてまた、部屋の前、また廊下にもですね、ダンボールが積み上げられていると。これは、自宅療養者やしかるべきところに、保健所等を通じてですね、送るものでございましてこれは、このマンパワーでやる以外に方法がないものでございます。そこで、健康福祉部感染症対策局の体制を強化することといたしまして、応援要員のマンパワーを拡充すると。それから、執務環境を思い切って拡充することといたしました。

 それからですね、二つ目には、これは事業者の皆様でございますけれども、飲食店並びに大規模集客施設の皆様に宣言の延長に伴う休業及び営業時間の短縮要請に関わる協力金の予算を編成いたしまして、9月議会に諮りまして、これを認めいただくようにいたしまして、コロナ禍で厳しい経営状況にいらっしゃる事業者の皆様方、しっかりと支援していくということに注力をいたします。

 関連いたしまして、3番目、ふじのくに安全安心認証制度の、この拡充を図ります。現在、飲食店の認証状況について申し上げますと、先月8月8日からのまん延防止等重点措置、及び、20日からの緊急事態宣言の適用後、8月は飲食店の皆様から、7月の5倍以上、おおよそ6000件もの申請をいただきました。このことは、飲食店の皆様が、利用者の安全安心を確保するために、店舗の感染防止対策の徹底強化について御理解、御協力をいただいていることのあらわれであると思って、大変ありがたく感謝申し上げる次第でございます。飲食店を対象とした認証制度は、9月8日現在、9,425件の申請を受け付けております。目下のところ、1,107件の認証が完了しているということでございます。8月以降申請件数が急増いたしましたので、人員を増やして現地確認を行い、できるだけ早期に認証できるように取り組みます。また、飲食店や県民等への制度の周知もさらに図りまして、申請件数の拡大にも努めていきたいということでございます。これは飲食店のみならず、宿泊施設の認証も併せて入っておりまして、9月8日現在、978件の申請を受け付け、101件の認証をしたところであります。これは、(スポーツ・)文化観光部が中心になりまして、9月中に申請済みの全施設の認証が完了するよう作業を進めているところであります。今日の本部員会議では、この飲食店にかかりましたように件数が多いということでございますけれども、何とか10月中にですね、マンパワーを確保して、この認証が行き渡るようにすると、ということでございました。今後とも宿泊施設の認証施設の一層の増加を図ることで移動等の制限が解除された後ですね。皆様に安心して宿泊していただいたり、或いは飲食を試していただけると、そういうことで今の段階から、マンパワーを増やして充実していきたいと考えているところであります。

 最後に4番目のことでございますけれども、出口戦略とはもうこれはワクチンの接種になります。したがいまして、このワクチン接種につきましては、ご協力いただきました多くの市町からですね、接種の前倒しを表明していただいておりまして、県でも、新たな接種会場2会場を設置いたしまして、強力にワクチンの接種を推進してまいります。

 こうした体制を確実に推進いたしまして、9月末までの緊急事態の措置を、県民の皆様方、事業者の皆様方、医療関係者、また、行政が一丸となって乗り越えていきたいと考えているところであります。

 発表は以上でございます。

令和3年9月10日  静岡県知事 川勝 平太


 

お問い合わせ

危機管理部危機対策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3601

ファックス番号:054-221-3252

メール:saitai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?