• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 緊急・危機管理情報/県内気象情報のご案内 > 新型コロナウイルス感染症についてR30921 「知事記者会見」

ここから本文です。

更新日:令和3年10月18日

covidyouseisyasu_banner

県民の皆様へ 川勝知事からのメッセージ(9月21日)  

 新型コロナウイルス関連に関することでございます。

 本県に緊急事態宣言が適用されまして1ヶ月が経過いたしました。8月下旬には一日あたり600人以上の人が感染するというようなことで大変心配いたしましたけれども、現在二桁にまで減少しております。これに伴い、ピーク時には病床使用率は70%以上と極めて厳しい状況でございましたけれども、現在は25%をちょっと超える程度ということになり、医療提供体制も改善の傾向にあるということでございます。

 このことはひとえに多くの県民の皆様が外出自粛など行動制限にご理解を頂きまして、また、飲食店あるいは大規模集客施設の事業者の皆様が休業であるとか、営業時間の短縮などにご協力をいただいたおかげでございます。まさに本県の皆様の高い危機意識、あるいは自助努力。この防災力、防疫力とでも申しましょうか。それが発揮された成果であると考えておりまして、改めて御礼を申し上げます。

 緊急事態宣言の解除につきましては、国の方で新しい考え方を示されました。それによりますと、病床使用率とか重症者数の傾向など医療の逼迫状況を重視した8つの指標を総合的に検討するということになっております。現時点で本県はこれら8つの指標のいずれにつきましても、緊急事態宣言を解除できるところまで改善されているのが現実でございますが、しかし現在の病床使用率は、県内の医療機関のご協力をいただきまして、それによって700床以上が確保できたと言うことの上での数字でございます。また、入院者数そのものは、いまだ第3波第4波のピークである約200人に近い状態が続いております。また、自宅療養者につきましても、ピーク時からはなるほど減少はしましたけれども、依然として800人以上の方がご自宅で療養されているという状況でございます。感染力が極めて強いデルタ株を考えますと、リバウンドなど予断を許さない状況にあります。そのため、本県といたしましては、緊急事態宣言の解除は急ぐ状況ではないというふうに考えております。

 新型コロナウイルスの出口戦略は目下のところワクチン接種しかございません。デルタ株に対しても、直近の県内の陽性者の接種、未接種の割合から9割近い発症抑制効果が推定されているところであります。効果があるということが統計的に実証されているということです。これはまあ、各市町のご尽力によりますけれども、まずは川根本町が接種を完了されました。続きまして西伊豆町も集団接種が終了いたしました。予約に空きがある市町も増えておりますけれども、まだワクチン接種を受けていらっしゃらない方、また迷っている方々は、ぜひ接種をご検討いただきたいと存じます。

 元に戻りますけれども、緊急事態宣言の解除期限には、まだ10日ばかりございます。このまま確実に感染状況や医療提供体制を安定させて、望むべくはですね、10月1日からはステージ2(正しくは、ローマ数字表記。以下同じ。)の状態で社会経済活動が再開できるようにというのが、県としての基本的な目指す方向でございます。それが実現できるよう、県民の皆様には引き続き、また事業者の皆様にも引き続き、今しばらく、これまで同様、高い危機意識を保持していただきまして、感染防止対策の徹底をお願いするものでございます。

令和3年9月21日  静岡県知事 川勝 平太


 

お問い合わせ

危機管理部危機対策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3601

ファックス番号:054-221-3252

メール:saitai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?