• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 緊急・危機管理情報/県内気象情報のご案内 > 新型コロナウイルス感染症についてR31006 「知事記者会見」

ここから本文です。

更新日:令和3年10月18日

covidyouseisyasu_banner

県民の皆様へ 川勝知事からのメッセージ(10月6日)  

 新型コロナウイルス感染症の件でございますけれども、9月30日に緊急事態宣言が解除されまして、10月からは「そろりスタート」ということで、感染防止対策と社会経済活動の両立に向けた取組、これを静岡県で始めております。これまで長期間に渡りまして、外出自粛や飲食店等の営業制限がございまして、誠に辛い日々があったわけでございますけれども、この週末は、かなり多くの方がお出かけになったり、あるいは久々にお店でお酒を楽しまれるという方もいらしたというふうに承知しております。

 本県の直近の感染状況ですが、1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は約3人、病床占有率は約5%と大きく改善されてまいりました。明らかにステージ2、ステージ2なレベルでございます。また、ワクチンの接種率も、10月4日時点で2回目まで接種を終えた方が55パーセントいらっしゃいます。新規感染者状況と連動して、このような改善状況が継続いたしますと、医療体制にかかる負担も軽減化されますので、そしてまた社会経済活動の次なる展開も可能となります。しかし油断することは禁物です。ウイルスはまだ消滅しておりません。デルタ株の拡大で一旦は下火になりましたアルファ株も依然感染力を有していることで、それが存在しております。また県民、事業者の皆様におかれましては、引き続き、感染防止対策を徹底していただきまして、これまでの経験で培われた、場面場面での感染しない行動、あるいは取組を実践してくださるようにお願いを申し上げるものでございます。

 ワクチン接種につきましては、64歳以下は今やっていただいておりますけれども、年代別にみますと、接種開始が遅かった10歳代から30歳代の方の2回目接種率が、まだ30%前後ということで、少し低い状況にございます。皆さんがご心配されている発熱等の副反応よりも、接種による重症化リスクの低減等の方が効果が上回りますから、若い世代の方、あるいは妊娠されている方には、接種のご検討をお願いしたいと存じます。なお、県が設置しております順天堂大学医学部附属静岡病院ならびにもくせい会館の大規模接種会場の予約者数は、全体として14,640人分の枠がございますけれども、かなり僅かの方しかご利用されていないと、私の手元には数字では、733人ということでございますが、皆様方の手元に10月5日現在で順天堂大学医学部附属病院における接種枠数は4,560ございますが、実際の予約者数は256ということで、全体の5.6%にしか達してないということです。またもくせい会館、これは10月1日(正しくは、「6日」)から始まりましたが、接種枠数は1万80ございますけれども、予約数はまだ477ということでございまして、全体の4.7パーセントというところにとどまっているということでございます。あ、ちなみにですね、もくせい会館の会場につきましては、土日も夜間も開いております。そういう利便性の高い会場ですので、ぜひご活用いただきたいと存じます。

 飲食店を対象に進めております、「ふじのくに安全安心飲食店認証」につきましては、10月4日現在で、1万3,400件の要請がございました。で、約5,100件を認証いたしました。全体の40%でございます。現在、急ピッチで、現地調査等の作業を進めておりまして、今月中旬には8,000件を認証できるという見込みでございます。8,000件になりますと、全体の60%ということになります。一方、宿泊施設を対象としている「ふじのくに安全安心宿泊施設認証」につきましては、10月5日現在で、約1,260件の申請がございまして、718件を認証いたしました。全体の60パーセントでございます。これは、今月中旬には、1,100件を認証できる見込みであります。1,100件になりますと、全体1,260の、90%ということになります。飲食店・宿泊施設、いずれも申請が済んでいない事業者の皆様は、ぜひ取り組んでくださるようにお願いを申し上げます。

 さて、県内観光促進事業である「バイ・シズオカ~今こそ!しずおか!!元気旅!!」とGo To Eat事業についてでございますけれども、明後日10月8日金曜日に、このままステージ2以下の状況でありますと、事業の再開や、食事券の利用自粛等の要請の解除を、判断したいと思っております。

 県としましては、今後の第6波への備えに万全を期するために、10月15日付けで、「新型コロナウイルス対策課」、これまでございましたが、これを、「新型コロナ対策企画課」と「新型コロナ対策推進課」との2つに分けまして、これまでの1課38人体制を、2課40人体制と拡充をいたします。

 私ども県としましては、今月を社会経済活動の本格的な再開に向けた過渡期と位置付けております。医療提供体制の充実を図りながら、認証制度、また、GoTo事業などの各種事業を着実に展開してまいりたいと考えております。

 以上が新型コロナウイルス感染症に係るものでございますが、現在の接種状況でございますけれども、皆様方のお手元に、第2回目の接種、64歳以下の方たち、40%以上のところと、まだ40%に達してない市町、一目瞭然になるように配布してございますので、ぜひまだ接種率が低いところは、県の施設も活用していただいて、接種率を上げてくださるということが大事です。これ以外に目下のところは、出口はございません。ぜひ接種率を上げていただいて、多くの方々に、安心していただけるようにお願いをしたいと存じます。

令和3年10月6日  静岡県知事 川勝 平太


 

お問い合わせ

危機管理部危機対策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3601

ファックス番号:054-221-3252

メール:saitai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?