• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 緊急・危機管理情報/県内気象情報のご案内 > 新型コロナウイルス感染症についてR40512 「知事記者会見」

ここから本文です。

更新日:令和4年5月26日

covidyouseisyasu_banner

県民の皆様へ 川勝知事からのメッセージ(5月12日)  

 新型コロナウイルス感染症関連のことでございます。大型連休の影響と今後の注意点について申し上げたく存じます。

 まず新規感染者数は4月8日からの1ヶ月間で、減少傾向にございましたが、大型連休終盤の5月7日から増加に転じました。5月11日時点で、直近1週間の感染者数は、その前の週と比較して1.4倍となっています。全国的に緊急事態宣言などの行動制限がない大型連休は、3年ぶりでした。当然人流の増加もございました。この傾向がいつまで継続するのか、感染者数の動向を注視していく必要がございます。5月10日時点の直近1週間の感染者数を、年代別で見ますと、特徴があります。20歳代が最多で全体の21%を占めておりまして、前の週と比較して、447人が罹られています(正しくは、「447人が増加している」)。ポイント実績は8ポイント増加ということでございます。

 またもう一つは、また40歳代以下の感染者の割合が、8割におよんでいます。40歳以下の3回目のワクチン接種率が、また一方で、5月9日の時点ですけれども、全年代(正しくは、「40歳代以下の年代」)で5割に達していないということです。接種率が低いということと、感染率が高いということが相関してるということであります。県としましても、これが今全体の傾向を示しているものであります。それから、ぜひですね、これは年代40歳以下(正しくは、「40歳代以下」)の方ですけれども、接種をしてくださるようにお願い申し上げたく存じます。企業、大学、従業員や学生さん、ぜひ接種をお願いしたいと存じます。県の大規模接種会場につきましては、静岡市のもくせい会館会場に加えまして、明日から沼津市のプラサヴェルデ会場、そして掛川市のB&G海洋センター体育館会場がスタートいたします。
この3つの会場をいずれも毎週月曜日、金曜日、そして土曜日の日中及び夕方に開設いたします。接種券は要りません。予約なしでも接種ができます。ぜひご活用ください。

 県民の皆様には引き続き、感染防止対策の徹底に取り組んでいただきたく存じます。会話する時、あるいは人混みの中での不織布のマスクは着用すると。室内のこまめな換気を怠らない、会話の際の人との距離を確保する。そして、また、飲食店を利用する場合は、少人数、短時間で、感染防止対策が図られている店の利用を、お願いしたいというふうに、お願いをしております。

 それから、大型連休以降、県内の新規感染者数が、増加傾向にありますが、観光促進事業の今後につきまして、観光促進事業につきましては、5月9日以降、隣接県、また北陸信越、中部ブロックの10県にも、対象を拡大して、感染防止対策の徹底を図った上で、観光事業の喚起に取り組んでおります。具体的に言いますと、事業の実施に当たり、県民の皆様や、本県を訪問される方々が、安全で安心な旅行を楽しんでいただけるように、割引対象とする施設は、「ふじのくに安全・安心認証」を取得した宿泊施設に限定いたします。それとともに、旅行者に対して、ワクチンの3回接種または、陰性の検査結果のご提示を、割引の要件としております。こうした感染拡大の抑制に取り組みながらの、観光促進事業ということでございます。

 大型連休以降県内はもとより、隣接する各県でも、感染者数が増加傾向になっている県もございまして、引き続き県内外の感染状況はしっかりと注視していかなくちゃならないと考えています。ちなみに今後国評価レベルが3となったりしますと、あるいはまた急激な感染拡大を見込まれる場合には、速やかに事業の停止を判断していくということでございます。今日は、後藤参事が来ておられるので、補足的に何か、ご説明をお願いします。

(後藤参事)
 皆さんこんにちは。健康福祉部参事の後藤でございます。いつもご報道ありがとうございます。

 大型連休前の、私どもの金曜日の記者会見でも、今回の連休明けがですね、ターニングポイントになって、第7波が本格的に立ち上がってくるかどうかということを懸念しておりましたが、その予測どおりと申し上げますか、1.4倍という急速な感染拡大スピードで、大型連休明けにですね、本県、もとより全国的に感染者は増えつつあると、第7波は本格的に到来しているという状況でございます。

 ですので、人混み、会話する時、特に室内ですね、室内では、マスクの装着をしっかりお願いしたいですし、この天気が割ともう寒くない状況ですので、しっかり窓を開けてですね、屋内で換気をお願いしたいということと、先ほど知事からもありましたように、40歳代以下の方の接種率がまだ低い状況です。

 県の2回目接種が他県に比べて遅めだったので、まだ6か月経っていないよ、とかですね、接種券が届いていないよという方も、20、30、40歳代にいらっしゃると思いますけども、6か月過ぎましたらですね、接種券なしで、予約なしで、県の大規模会場では接種できますので、ぜひ5月中にですね、6か月過ぎた方から、速やかに接種をお願いしたい。それが、この第7波をですね、また、高止まりをですね、抑える、最も大きな力というふうに信じておりますので、どうかご協力をよろしくお願い申し上げます。

(知事)
 どうもありがとうございました。新型コロナウイルス関連については以上でございます。

令和4年5月12日  静岡県知事 川勝 平太


 

お問い合わせ

危機管理部危機対策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3601

ファックス番号:054-221-3252

メール:saitai@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?