• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > マダニ等が媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群」に注意しましょう!

ここから本文です。

更新日:令和4年8月5日

マダニ等が媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群」に注意しましょう!

令和4年8月5日 午後02時00分

令和4年8月4日、県東部保健所管内で「重症熱性血小板減少症候群(以下「SFTS」という。)」の患者が確認されました。患者は70歳代の女性で、現在入院中です。

県内でSFTSの患者が確認されたのは10例目、今年に入ってからは6例目です。春から秋にかけてマダニの活動が盛んになる時期です。レジャーや農作業などで野山や草むら、畑などに入るとマダニに咬まれることがあります。マダニが病原体を保有していると、咬まれた人が「SFTS」、「日本紅斑熱」などの感染症にかかる危険性があります。これらの疾患にかからないようにするために、野外でのダニ対策が重要です。

SFTSの患者は、3月頃から10月頃まで確認されています。患者が発生しやすい時期は、

(1)野山や畑等の屋外でマダニに咬まれないよう十分注意しましょう。

(2)屋外を出入りする犬や猫等に付着したマダニに屋内で咬まれないよう注意しましょう。

詳しくは資料を御覧ください。(PDF)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部感染症対策局感染症対策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2986

ファックス番号:054-221-2261

メール:kansentaisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?