• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 緊急・危機管理情報/県内気象情報のご案内 > 県内での豚コレラの発生防止をより強化するための緊急措置について

ここから本文です。

更新日:平成31年3月26日

県内での豚コレラの発生防止をより強化するための緊急措置について

平成31年2月6日 午後6時00分

本日2月6日、愛知県豊田市と田原市の養豚場において、豚コレラの発生が確認されました。豚コレラは、昨年9月以降岐阜県内の養豚場で発生が続いていましたが、愛知県内の養豚場での発生は初めてになります。

(本県の対応)

豚コレラは、昨年9月の岐阜県での発生以降、岐阜県及び愛知県内の野生イノシシにおいても発生が確認されており、養豚場での発生は、豚コレラウイルスに感染した野生イノシシがウイルスを広げている可能性が考えられております。

これまで、本県内に豚コレラを侵入させないため、市町や猟友会に協力していただき、死亡した野生イノシシの豚コレラ検査を行ってきました。これまでに、18頭を検査し、全てでウイルスに感染していないことを確認しております。

今回、隣接県で豚コレラが発生したことから、対応のレベルを一段上げる必要があるため、県民の皆様に呼びかけたいと思います。

(県民への呼びかけ)

県民の皆様は、死亡したイノシシを見つけた場合には、お住まいの市町の農業担当課に一報していただくようお願いいたします。

例えば、湖西市では産業振興課が窓口になります。

市町から連絡を受け、県は、家畜保健衛生所で、豚コレラの検査を速やかに実施します。

(養豚業者への呼びかけ)

また、豚を飼育している養豚業者の皆様方は、ご自身の豚の飼育施設に野生イノシシが侵入しないよう、再度飼育状況を確認していただき、農場へのイノシシなど野生動物の侵入防止対策に万全を期すとともに、農場に出入りする車両の消毒を徹底するようお願いいたします。

 

豚コレラウイルスは、豚とイノシシの病気で、人に感染することはありません。県民の皆様には不安に思っていただく必要はありませんが、県内の養豚農家に感染が拡大すれば非常に大きな被害となります。県民の皆様も、豚コレラウイルスの県内への侵入防止にご理解とご協力をお願いします。

 

静岡県危機管理監

お問い合わせ

経済産業部農業局畜産振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2709

ファックス番号:054-273-1123

メール:chikusan@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?