• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 健康福祉部長室 > 健康寿命トップクラスを維持

ここから本文です。

更新日:平成28年1月12日

健康寿命トップクラスを維持

厚生労働省は、12月24日に開催した「第5回健康日本21(第二次)推進専門委員会」において、平成25年データに基づく新たな都道府県別健康寿命を公表しました。(第5回健康日本21(第二次)推進専門委員会(外部サイトへリンク))

それによると、本県の健康寿命は、男性が72.13歳で全国3位、女性が75.61歳で全国2位であり、県が独自集計した男女計では、73.90歳で全国2位となりました。

平成24年6月に公表された前回の結果と比べて、男性が0.45歳、女性が0.29歳それぞれ延びていますが、順位は男性が2位から3位、女性が1位から2位、男女計で1位から2位となりました。

  • 平成25年都道府県別健康寿命の状況

順位

男性

(歳)

女性

(歳)

男女計

(歳)

1

山梨県

72.52

山梨県

75.78

山梨県

74.19

2

沖縄県

72.14

静岡県

75.61

静岡県

73.90

3

静岡県

72.13

秋田県

75.43

宮崎県

73.67

4

石川県

72.02

宮崎県

75.37

福井県

73.58

5

宮城県

71.99

群馬県

75.27

群馬県

73.48

全国

-

71.19

-

74.21

-

72.24

 

 

惜しくも、1位は逃しましたが、男女ともに、国内でトップクラスの健康長寿県であることが改めて示されました。

健康寿命の順位が下がった主な要因としては、年齢調整死亡率(※)が全国では減少しましたが、本県では全国ほど下がらず、特に男性の死亡が前回より増加した点と、脳血管疾患による死亡が全国に比べ減少幅が小さかった点が挙げられます。

 

日本一ちゃっぴー

生きがいと健康づくりのキャラクター「ちゃっぴー」(c)静岡県

今後は、生活習慣改善プログラムである「ふじ33プログラム」の普及や、脳血管疾患等の生活習慣予防対策を通じ、健康寿命日本一への返り咲きを目指してまいります。

  • 年齢調整死亡率=年齢構成の異なる地域間で死亡状況の比較ができるように年齢構成を調整しそろえた死亡率

お問い合わせ

健康福祉部医療健康局健康増進課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2779

ファックス番号:054-251-7188

メール:kenzou@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?