• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 健康づくり・疾病対策と感染症の予防 > 社会健康医学の推進

ここから本文です。

更新日:令和元年9月5日

社会健康医学の推進

社会健康医学推進委員会に参加する本庶佑委員長私たちの生活や環境が健康増進、病気の予防などにどのような関わりがあるかを研究する「社会健康医学」。
静岡県では、県民の健康寿命の更なる延伸や、世界に誇れる健康長寿“ふじのくに”の実現を図るため、社会健康医学研究推進基本計画に基づく研究の推進と、研究成果還元の担い手となる人材育成のための拠点整備に向けた検討等に取り組んでいます。

(左の写真は、健康寿命延伸のための「社会健康医学」推進委員会に委員長として参加する本庶佑京都大学高等研究院特別教授)

 

 

 

 

 

 

社会健康医学大学院大学設置基本構想(平成31年3月策定)

県では、社会健康医学の研究で得られた知見を、これまでの健康長寿の取組の体系化や、健康寿命の延伸に資する施策に反映させることができる人材育成を目的とした大学院大学の設置に向け、「社会健康医学大学院大学の設置に係る基本構想」を策定しました。

今後、文部科学省への設置認可申請に向け、着実に準備を進めてまいります。

社会健康医学研究推進基本計画(平成30年3月策定)

県では、県民の健康寿命の更なる延伸に向け、病気を予防する、または病気にならないような地域・環境を研究する「社会健康医学」の推進のため、「社会健康医学研究推進基本計画」を平成30年3月に策定しました。
今後、基本計画に掲げた4つの基本方針を着実に推進してまいります。
また、早期に取り組むことができる研究に着手し、その成果を随時、県民の皆様に還元してまいります。

静岡県の健康寿命の延伸に向けた提言

静岡県は、健康寿命の更なる延伸や、世界に誇れる健康長寿"ふじのくに"を実現するため、社会健康医学の視点を取り入れてこれまでの健康長寿の取組を体系化し、健康寿命の延伸に資する先端的な施策や研究などに取り組み、得られる成果や知見を事業などに反映させるため、平成28年度に「社会健康医学」基本構想検討委員会を設置しました。
委員会での議論を踏まえ取りまとめた提言を、平成29年3月8日、本庶佑委員長から川勝県知事に手交しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部政策管理局健康福祉政策課(社会健康医学推進担当)(コンテンツ管理者)

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3357

ファックス番号:054-221-3264

メール:kenfuku_kikaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?