• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 社会福祉・高齢者福祉 > 地域福祉課 > 「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」について

ここから本文です。

更新日:令和3年7月6日

(下記の情報は令和3年7月1日時点のものです。)

「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」について

1.新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金
新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、既に総合支援資金の再貸付が終了するなどにより、生活に困窮している世帯に対して、就労による自立を図るため、また、それが困難な場合には円滑に生活保護の受給へつなげるために、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金を支給します。

2.対象者
緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯(注)で、以下の要件を満たすもの
(注)
・総合支援資金の再貸付を借り終わった世帯/8月までに借り終わる世帯(再貸付期間中に辞退した結果として、8月までに終了となった場合を除く)
・総合支援資金の再貸付が不承認となった世帯
・総合支援資金の再貸付の相談をしたものの、申し込みに至らなかった世帯

(1)収入要件
収入がイとロの合算額を超えないこと(月額)
イ.市町村民税均等割非課税額の12分の1
ロ.生活保護の住宅扶助基準額

(2)資産要件
預貯金がイの6倍以下であること(ただし100万円以下)

(3)求職等要件
以下のいずれかの要件を満たすこと
・ハローワークに求職の申込をし、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと
・就労による自立が困難であり、本給付終了後の生活の維持が困難と見込まれる場合には、生活保護の申請を行うこと

3.支給額(月額)
単身世帯:6万円、2人世帯:8万円、3人以上世帯:10万円

(住居確保給付金、ひとり親世帯臨時特別給付金、低所得子育て世帯生活支援特別給付金との併給が可能)

4.支給期間
7月以降の申請月から最大3か月(申請受付は8月末まで)

5.申請窓口
本支援金の申請に係る窓口は、お住まいの自治体ごとに異なります。詳細につきましては、申請窓口一覧を御確認ください。
申請窓口一覧(PDF:70KB)

6.問い合わせ先
(1)本支援金に関するお問い合わせ
〇厚生労働省コールセンター

電話番号:0120-46-8030

受付時間:9~17時(平日のみ)


(2)申請方法等
申請窓口一覧を御確認のうえ、お住まいの自治体申請窓口にお問い合わせください。

「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」申請様式(県内12町)について

郡部(県内12町)にお住まいの方は、こちらの様式を御利用ください。
なお、申請様式について、郡部以外にお住まいの方におかれましては、各市の申請窓口にお問合せください。

<申請書>(PDF:80KB)

<申請時確認書>(PDF:74KB)

<申告書>(PDF:64KB)

(参考)

提出の際の必要書類や申請書の記入方法等を記載しております。

<申請の手引き>(PDF:683KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部福祉長寿局地域福祉課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3343

メール:chifuku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?