• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 子ども・子育て > こども未来課 > 静岡県待機児童対策協議会

ここから本文です。

更新日:令和4年7月12日

静岡県待機児童対策協議会について

設置

目的

市町が行う待機児童解消を促進する取組への支援をより実効的なものとするため、小学校就学前子どもの保育に係る子ども・子育て支援に関する施策であって、市町の区域を超えた広域的な見地から調整が必要なもの又は特に専門性が高いものなどを協議するため、設置する。

根拠

子ども・子育て支援法附則第14条第4項

設置年月日

平成31年2月28日

構成員

県及び参加を希望した30市町の担当課長

KPIの設定

待機児童数0人(2025(令和7)年4月1日時点)

新子育て安心プランで示されているとおり、できるだけ早く待機児童の解消を目指すこととし、各市町においては年度ごと待機児童解消に努めること。

協議会の協議事項

  • 保育施設の整備の促進に関すること
  • 保育人材の確保及び資質の向上に関すること
  • その他待機児童解消に向けた情報の共有・調整等に関すること

協議会の活動

  • 県は、待機児童発生市町を対象に個別に聞き取りを行い、市町の状況に応じた助言や提案を行い、課題解決に向けて積極的に支援している。
  • 令和3年度は、国の支援施策中の「新たな待機児童対策提案型事業」による調査事業を実施した。

令和3年度待機児童発生要因等実態調査事業[厚生労働省「令和3年度新たな待機児童対策提案型事業」採択事業]

待機児童解消に向けたより一層の取組につなげるため、民間委託(委託先:株式会社日本総合研究所)により待機児童発生要因等の分析・調査を実施しました。

(1)待機児童発生要因等実態調査

実態が明らかになっていない地域的な需給のミスマッチ等の要因を明らかにするため、統計情報の収集、市町への書面調査、待機発生市町へのヒアリング等を実施・分析を行いました。

待機児童発生要因調査結果(PDF:558KB)

(2)静岡県の保育士実態に係るアンケート調査

保育の現場での働き方の実態(現場において必要とする、または不足している知識・技能、職場環境に対する満足度や改善の希望など)を明らかにするため、県内の保育所及び認定こども園に勤務する施設長及び保育士(保育教諭含む)にWeb調査を実施しました。

静岡県保育士調査結果概要版(PDF:2,566KB)

静岡県保育士調査結果全体版(PDF:5,399KB)

参考:国の施策施策

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部こども未来局こども未来課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2928

ファックス番号:054-221-3521

メール:kodomo-m@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?