• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 子ども・子育て > こども未来課 > 処遇改善等加算IIに係る対象研修の要件について

ここから本文です。

更新日:令和4年6月9日

処遇改善等加算IIに係る対象研修の要件について

1.概要

処遇改善等加算IIの認定にあたり、保育士等の加算対象職員が要件を満たす研修を一定時間以上受講していることが、令和5年度から段階的に必要になります。

また、国通知で平成30年度以前に受講した研修については、加算認定自治体(県、政令市等)が認める場合に限り加算認定要件を満たす対象研修とする旨が示されています。

《参考》

 

2.平成30年度以前に受講した研修に係る現段階での県の考え方

少なくとも、平成29年度以降に実施したものを、加算認定要件を満たす対象研修として認める方針です。

また、幼稚園教諭免許状更新講習については、別途適用年の制限を設けることについて、検討中です。

対象となる研修

3.県が適当と認めた幼稚園関係団体、認定こども園関係団体、保育関係団体(令和4年3月時点)

幼稚園及び認定こども園にあっては、県が適当と認めた幼稚園関係団体、認定こども園関係団体、保育関係団体が実施する研修について、処遇改善等加算IIに係る対象研修とすることができます。

現時点で県が適当と認めた関係団体は別添のとおりです。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部こども未来局こども未来課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3758

ファックス番号:054-221-3521

メール:kodomo-m@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?