• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 健康づくり・疾病対策と感染症の予防 > エイズ情報 > 性感染症について

ここから本文です。

更新日:平成27年3月29日

性感染症について

性感染症 感染症対策班

感染したかもしれないときは、早めに専門医へ

性感染症の検査は、病気により異なりますので、専門医を受診しましょう。専門医は、婦人科、泌尿器科、性病科、皮膚科など。排尿痛やかゆみなどがある場合は、男性は泌尿器科、女性は婦人科へ。ヘルペスなど皮膚に症状がある場合は、皮膚科を受診するといいでしょう。

症状は軽くても、体内では炎症などが進行している場合がありますので、放っておかずに必ず早めに受診すること。また一人でこっそり治療しても、くり返し相手から感染するだけでなく、薬が効かなくなる可能性があるのでパートナーと一緒に治療しましょう。

性感染症については、こちらもぜひご覧ください。
 「身近なことです 性感染症~大切な人を感染させないために あなたにできること~」(外部サイトへリンク)

病名
原因 潜伏期間 症状
毛ジラミ症
毛ジラミ かかったらすぐ 陰毛や脇毛、胸毛などに毛ジラミがつき、吸血し、卵を産んで繁殖する。かゆみが強い。
B型肝炎
B型肝炎ウイルス 8~12週間 急性肝炎を起こすと、吐き気、だるさ、食欲不振、吐き気やおう吐などの症状があらわれる。治療により治るが、劇症肝炎を起こすと死に至る。
尖圭
コンジローマ
ヒトパピローマ
ウイルス(HPV)
1ヶ月~1年 男女とも性器や肛門に痛みやかゆみのない小さなブツブツができ、やがて尖ったイボに変化する。
トリコモナス症
トリコモナス原虫 1~2週間 男性では無症状か排尿時にかるい痛みを感じる程度。女性ではかゆみやおりものの増加が見られ、悪臭、外陰部のただれ。感染力が強い。
膣カンジダ症
カンジダ真菌 一定していない 女性は外陰部から肛門にかけてのかゆみやヨーグルト状のおりもの。男性は尿道炎や性器のかゆみ。
梅毒
梅毒トレポネーマという細菌が原因。皮膚や粘膜の傷から感染することもある 2~4週間以上で発症する 潜伏期と顕症期(第1期~第4期)を交互に繰り返す。
(1)男女とも感染部位に痛みのない赤いしこりができ、それが崩れて潰瘍に変わる。
(2)発熱、頭痛などかぜに似た症状とともに、全身に赤い斑点(バラ疹)ができる。
(3)皮膚にゴム腫と呼ばれるかたまりができる。
(4)約10年後には血管や脳を侵し、死に至ることもある。
性器ヘルペス
ウイルス感染症
単純ヘルペス
ウイルスII型・I型
2~10日 男女とも性器周辺に強い痛みを伴う水ほうや浅い潰瘍ができる。発熱、排尿痛も。母体が感染していると、新生児に脳炎・肺炎が起こることも。
性器クラミジア
感染症
クラミジア・トラコマティスという病原体 感染後1~3週間で発症する(通常10日~12日) 男性:感染者の5割近くが無症状。尿道のかゆみ・不快感・排尿時の痛み、尿道口からクリーム状の膿。前立腺炎、副睾丸炎を起こすことも。
女性:8割以上が無症状。おりものの増加や下腹部の痛みなどがあることも。進行すると子宮内膜炎、卵管炎、肝周囲炎などを起こす。また子宮外妊娠、不妊の原因となるほか、産道感染で子どもに影響を与えることもある。
淋菌感染症(淋病)
淋菌という細菌が原因。治療薬に耐性を持つ菌も増加中 感染後2日~10日で発症する 男性:排尿時の痛み、尿道口から膿。放置すると前立腺炎、副睾丸炎を起こし、関節炎や不妊の原因にもなる。
女性:緑白色や黄色のおりもの、下腹部の痛み、発熱などがある人もいるが、症状が軽く、感染に気づかない場合が多い。放置すると子宮頸管炎、子宮内膜炎など。
このページのトップへ

お問い合わせ

健康福祉部感染症対策局感染症対策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2986

ファックス番号:054-221-2261

メール:kansentaisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?