• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 健康増進課トップページ > 飲食店における喫煙可否の標識掲示

ここから本文です。

更新日:令和元年8月21日

飲食店における喫煙可否の標識掲示

静岡県受動喫煙防止条例では、平成31年4月1日から飲食店に対し、出入口の見やすいところに、喫煙の可否についての標識掲示を義務付けています。

平成30年8月から9月にかけて本県が行ったアンケート調査の結果では、県民の8割の方が飲食店の出入口に喫煙可否の掲示があれば入店の参考にすると考えていますが、実際に掲示がある県内の飲食店は3割という状況でした。

こうしたことから、喫煙可否の標識掲示は、飲食店の利用客に対するサービス向上にもつながるものと考えています。

飲食店の皆様、御理解、御協力をお願いします。

 

義務化スタート

 

1具体的な標識や標識の記載事項等

(1)具体的な標識例

分煙の場合は、店舗出入口だけでなく喫煙室出入口にも掲示となります。

標識について1

(2)標識の記載事項

(1)の標識以外の標識を掲示する場合、それぞれの標識ごとに以下の内容の記載が必要です。

飲食店掲示について

(3)標識のデータ

標識用ステッカーのデータ(日本語・英語)(PDF:312KB)

標識用ステッカーのデータ(日本語・中国語)(PDF:348KB)

標識用ステッカーのデータ(日本語・韓国語)(PDF:333KB)

(4)掲示すべき標識のフローチャート

フロー図

2標識の掲示を要さない施設

以下の施設は、飲食店営業の許可を受けている場合でも、条例上の標識掲示義務はありません。

区分

屋内の場所を有していない

露店、屋上ビアガーデン、移動販売車

設備を設けて飲食させていない施設

仕出し屋、弁当屋、そうざい屋、宅配専門店

飲食店営業が主な目的でない施設

旅館、民宿、簡易宿泊所、下宿、コンビニ、

学校・病院・老人ホーム等の厨房

他の施設と一体となっている施設

(壁等で区画されていない)

ホテルのラウンジ、複合施設のフードコート

旅館などで「喫煙専用室」や「指定たばこ専用喫煙室」を設置する場合は、2020年4月以降、改正健康増進法上、標識掲示が必要になります。

 

3対象となる「たばこ」について

対象となるたばこは、以下のとおりです。

いわゆる「電子たばこ」は液体を加熱した発生した蒸気を吸入するもので、たばこの葉を使用していないため、条例や改正健康増進法では対象としていません。

電子たばこの喫煙可否はそれぞれの飲食店で取扱を定めてください。

なお、「禁煙」など、通常のたばこの喫煙を禁止する場合で、電子たばこのみ喫煙を認める場合、非喫煙者の誤解を招かないよう「電子たばこのみ喫煙可」などの掲示をすることが望ましいです。

区分

概要

紙巻きたばこ

紙その他たばこを含まないものによって巻かれた製造たばこ

葉巻たばこ

たばこ又はたばこを含むものによって巻かれた製造たばこ

パイプたばこ

たばこ又はたばこを含むものを刻み、パイプ用として製造された製造たばこ

刻みたばこ

葉たばこを刻み幅0.3mm以下に刻んだもので、香料等が添加されていないきせる用の製造たばこ

加熱式たばこ

たばこ又はたばこを含むものを燃焼せず、加熱(水その他の物品を加熱することによる加熱を含む。)して、たばこの成分を吸引により喫煙し得る状態に製造された製造たばこ

 

4喫煙可能室等について

2020年4月以降は、客席(1)面積100平米以下かつ個人又は中小企業(資本金5000万円以下)の既存店舗のみ、喫煙可能室の設置や店舗全体を喫煙可とすること(喫煙可能店)ができます。ただし、2020年4月以降に新規に開店する飲食店は、客席面積にかかわらず喫煙可能室の設置はできません。

なお、2020年4月以降も喫煙可能室の設置等をする場合は、静岡県(静岡市内の飲食店は静岡市、浜松市内の飲食店は浜松市)に届出等をしていただく必要があります(2)

また、2020年4月以降は、喫煙することができる場所には、20歳未満の方の立入りが法律で禁止されます。(20歳未満の従業員も立入りできません。)

このため、2020年4月以降も店舗全体を喫煙可とする場合は、20歳未満の方は店舗自体に入店できなくなりますので、御注意ください。

(1)客席とは

「客席」とは、店舗全体の面積から、厨房、トイレ、廊下、会計レジ、従業員スペース等を除いた部分をいいます。

(2)届出について

あ設置の届出

喫煙可能室を設置したとき

喫煙可能室設置施設届出書(附則様式第1号)(ワード:37KB)

記入例(PDF:151KB)

い変更の届出

喫煙可能施設設置施設届出書の届出事項を変更したとき

喫煙可能室設置施設変更届出書(附則様式第1号の2)(ワード:41KB)

記入例(PDF:146KB)

添付書類:変更の事実を証明することができる書類

う廃止の届出

喫煙可能室を廃止したとき

喫煙可能施設設置施設廃止届出書(附則様式第1号の3)(ワード:39KB)

記入例(PDF:141KB)

え届出先

飲食店の所在地を管轄する県健康福祉センター

(静岡市内の飲食店は静岡市、浜松市内の飲食店は浜松市)

5飲食店標識掲示Q&A

1目的等

2掲示対象施設

3標識

4どの標識を掲示?

5喫煙可能室・喫煙可能店

6その他

飲食店標識掲示Q&A(PDF:172KB)

外国語表記一覧(PDF:486KB)

6各種資料等

説明用動画等(外部サイトへリンク)

リーフレット(PDF:2,725KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部医療健康局健康増進課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2779

ファックス番号:054-251-7188

メール:kenzou@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?