• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 衛生・薬事 > 静岡県健康福祉部生活衛生局衛生課 > BSEってな~に?

ここから本文です。

更新日:平成30年8月14日

BSEってな~に?

牛海綿状脳症(BSE)とは

BSE(BovineSpongiformEncephalopathy)は、1986年に英国で初めて報告された牛の病気で、異常プリオン(蛋白質)が原因とされています。
BSEにかかった牛の脳の神経細胞は空胞化し、脳の組織が海綿状(スポンジ状)となることから、牛海綿状脳症と名付けられました。
ヒトの海綿状脳症としては、クールー、クロイツフェルト・ヤコブ病等がありますが、このうち変異型のクロイツフェルト・ヤコブ病が、BSEとの関連を指摘されています。
牛の脳の空胞(白く抜けている部分)

牛肉や牛乳・乳製品は安全です。

牛海綿状脳症(BSE)は、英国におけるBSE感染牛の材料のマウス等への接種試験で脳、脊髄、眼及び回腸遠位部(約40mある小腸のうち最後の2m程度)以外の部分からの感染は認められていません。
牛肉や牛乳・乳製品について不安お持ちの方がおられますが、安心して召し上がってください。
 
牛の特定四部位
 

BSEの全頭検査を実施するなど、食肉等の安全性確保のための検査システムを確立しました。

平成13年9月の国内における初めてのBSEの発生を踏まえ、平成13年10月18日以降、次の対策を講じたことにより、安全な牛肉だけが市場に出回り、それ以外のものは食用として一切出回ることのないシステムを確立しました。

 

検査システム図

 

BSEスクリーニング検査

と畜場において、食肉処理を行う全ての牛について、エライザ法によるBSEスクリーニング検査を実施
なお、検査結果が判明するまでは、食肉等はと畜場内に保管管理され、市場に出回ることはありません。(前週までの検査結果はこちら

BSE感染性がある特定部位

と畜場においてBSE感染性がある特定部位である脳、脊髄、眼、回腸遠位部については除去・焼却しております。
したがって、食肉又は食品の原材料として流通することはありません。

 

牛由来原材料を使用した食品の安全確保対策

加工食品については、厚生労働省が牛の特定四部位を使用している食品がないか等、各食品製造・加工業者に製造食品の自主点検を指導し、製造・加工業者は自社製品の安全確認を行い、健康福祉センター(保健所)にその内容を報告することになっています。
報告内容はこちらです。

静岡県分静岡市分浜松市分

今までのところ、特に問題となる食品はありませんでしたが、県としましては、製造・加工業者が提出する報告書の確認と併せ、健康福祉センター(保健所)の食品衛生監視員が関連製造・加工施設の立入検査を実施し、牛由来原材料を使用した食品の安全確保に努めています。

◎静岡県におけるBSE対策については、こちらをご覧ください(BSE関連情報(畜産課))。
◎BSEのさらに詳しい情報は次のページをご覧ください。
厚生労働省のBSE情報農林水産省のBSE情報

 

 

衛生課のトップページへ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生局衛生課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2446

ファックス番号:054-221-2342

メール:eisei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?