• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 衛生・薬事 > 薬事課のページ > 薬物乱用Q&A > 薬物乱用の現状

ここから本文です。

更新日:平成23年1月26日

薬物乱用Q&A-薬物乱用の現状

ダメ。ゼッタイ君

 

薬物乱用の現状

 

薬事課の表紙

薬物乱用のMENU

前へ

次へ

 

Qいわゆる麻薬・覚せい剤などの問題は、一部の乱用している人たちの話であって、普通に暮らしている私たちには全く関係のないことだと思われますが。

Aいいえ、薬物乱用は学生や主婦、普通の会社員など一般市民層に確実に広がっています。特に20代以下の青少年の間で、大麻やMDMAと呼ばれる錠剤型麻薬の乱用が急増しています。薬物乱用は、すでに身近な社会問題です。
平成16年10月、北海道の私立高校で大麻を校内で売買していた女子生徒が逮捕されたり、11月には福岡県で知り合いの中学生に紹介され、暴力団組員から覚せい剤を買っていた女子高生が逮捕される事件がありました。



☆覚せい剤事犯の推移(県警察本部資料による)

年次 13 14 15 16
総検挙人員(人) 719 622 549 476
暴力団検挙人員(人) 210(29.2%) 180(28.9%) 172(31.3%) 170(35.7%)
女性検挙人員(人) 149(20.7%) 148(23.8%) 108(19.7%) 88(18.5%)
少年検挙人員(人) 50(7.0%) 36(5.8%) 23(4.2%) 29(6.1%)
押収量(g) 6,870 1,684 386 415
全国検挙人員(人) 17,912 16,771 14,624 12,225
全国押収量(kg) 406.1 437.0 486.8 407.6

☆平成16年の特徴(静岡県)

(1)薬物事犯検挙者のうち、覚せい剤事犯が476人で全体の86%を占め、そのうち暴力団関係者が170人で全体の36%を占めており、依然として高い割合となっています。

(2)若者による薬物事犯では、大麻事犯が全体の65%、MDMA等の麻薬事犯が全体の64%と高い割合を占めています。

(3)薬物の押収量が増加しており、特に最近、MDMA、大麻の押収量が著しく増加しています。



前へ

次へ

全国の推移

静岡県の推移

薬物乱用のMENU

薬事課の表紙

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生局薬事課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2413

ファックス番号:054-221-2199

メール:yakuji@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?