• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 衛生・薬事 > 薬事課のページ > 薬物乱用Q&A > 乱用薬物について

ここから本文です。

更新日:平成23年1月26日

薬物乱用Q&A-乱用薬物について

ダメ。ゼッタイ君

 

乱用薬物について

  薬事課の表紙 薬物乱用のMENU

前へ

次へ

 

Q乱用薬物とはどのようなものをいうのですか?また、それらはどんな害があるのですか?

 

覚せい剤

覚せい剤

一般的にアンフェタミン、メタンフェタミンの2種類をさします。主に静脈注射によって摂取され、一時的には気分が高揚し、自信が増し、疲労感がとれたように感じますが、効果が切れると激しい疲労感、憂鬱感に襲われます。
繰り返し使用するうちに、中枢神経に異常をきたし、幻覚や妄想におびやかされます。また頬がこけ、歯が抜け落ちるなど、身体的影響も大きく、大量に摂取すると死に至る場合もあります。

あへん・
へロイン
あへん ヘロイン

あへんは麻薬の原料で、へロインはあへんから作られます。へロインは心身への影響が非常に強いので、医学的な使用も禁止されています。
静脈注射によって摂取され、中枢神経を抑制し、落ちついた気分と多幸感を味わいます。しかし、乱用を中断すると、悪寒や嘔吐などの強烈な禁断症状に苦しみ、多量摂取によって呼吸困難、昏睡の後、死に至ります。

コカイン コカイン

粉末結晶状のものを主に鼻から直接吸引します。覚せい剤と同じように興奮作用があり、作用が迅速で強烈な分、毒性も強く、大量摂取の結果、けいれん、呼吸困難から死に至る事故も少なくありません。
特にアメリカでは、“クラック”と呼ばれる吸煙用コカインが大変な猛威を奮っており、世界的に大きな問題となっています。

大麻
(マリファナ)
大麻(マリファナ)

大麻草の葉を乾燥させたものを、吸煙によって摂取します。感覚が異常になり、わけのわからない興奮状態に陥ります。
無動機症候群といって、毎日ゴロゴロして何もやる気のない状態になることもあります。
乱用によって幻覚や妄想が現れ、精神に異常をきたします。また、生殖器に支障をきたし、不妊、染色体の異常が見られます。

LSD LSD

わずかな量でも異常感をきたす幻覚剤です。色彩感覚が変化し、幻聴が起こり、空間が歪んだり、すべての感覚・精神に異常をきたします。

MDMA MDMA画像

合成麻薬で、一般的にカラフルな色と様々なブランドのロゴやキャラクターが刻印された錠剤の形で密売されています。エクスタシーとも呼ばれ、覚せい剤と似た構造により興奮作用と幻覚作用を併せ持ち、視覚や聴覚を変化させ、不安や不眠に陥ります。

向精神薬 向精神薬

向精神薬は、中枢神経に作用して精神の機能に影響を及ぼす薬で、その作用により、鎮静剤系と興奮剤系に大別されます。
具体的には睡眠薬や精神安定剤がこれにあたります。

シンナー

シンナー

ビニール袋やびんに入れ、気化したものを吸入します。急激な酩酊状態となり、大量摂取で呼吸困難から死に至ります。
依存症も強く、情緒不安定、無気力、精神異常などを起こします。脳が縮む、手足がしびれ、視力障害の他、成長期の青少年にあっては、骨や筋肉の発育を阻害し、体重を激減させます。


常軌を逸した覚せい剤乱用者の暴行

薬物の乱用を、単に個人の問題としてとどめようとするほど、愚かな考えはありません。薬物乱用の弊害ほど、周囲に与える深刻な影響がほかにないからです。
その代表的な弊害の一つが暴力です。長い間薬物を乱用すると、知覚障害・情緒障害、幻覚や被害妄想が強くなり、家族に乱暴したり、常に凶器を持ち歩くなどの異常行動が目立つようになります。家族や周囲の人たちは、それらに振り回され恐怖と苦痛の毎日を強いられています。
さらに薬物乱用はさまざまな犯罪にも結び付いています。幻覚や妄想、フラッシュバック現象によって引き起こされる殺人、放火、監禁、傷害などの凶悪な事件や、薬代欲しさの窃盗があとをたちません。白昼新幹線の中で、薬物乱用者が刃物を振り回し、関係ない人を死に巻き込んだ事件は、日本でも記憶に新しいことです。

最後に残るものは

薬物乱用は、暴力ばかりでなく、経済的にも取り返しのつかない事態を招きます。乱用薬物の価格は異常に高く、しかも依存性を持つので次々にお金は吸い取られていきます。その結果、仕事を辞め、家財道具も一切売り払われ、膨大な借金に追い回されるのは必然です。行き着く先は、もはや家庭の崩壊、生活の破綻以外の何物でもなく、筆舌に尽くし難い悲劇しか残らないのです。


Q薬物中毒になるのは、あくまでも量の問題であって、度をこさなければ大丈夫なのではありませんか。
薬物中毒に溺れるか否は、あくまでその人自身の意思の問題だと思います。
自制心の強い人なら1~2回摂取したところで深みにはまることもないのでは。

 

A薬物乱用には甘い見通しこそが危険です。一度でも乱用すると、確実に強い依存性が生じ、やみつきになりコントロールが失われます。

 

量も回数も必然的に増える
薬物乱用の最も恐ろしい特徴は、何度でも繰り返して摂取したくなる“依存性”を持っていることです。一回ぐらいならと思っても、また使いたくなり、繰り返し使ううちに薬物の使い方のコントロールがきかなくなってしまうのです。
乱用を繰り返す人は、「快適を得るため」ではなく、いつまでもなおらない疲労感やイライラ、不安から逃れるため、つまり「不快感をなくすため」に薬物に頼らざるをえなくなります。そうして、薬物なしではいられなくなるのです。
さらに覚せい剤などいくつかの乱用薬物には、使用を繰り返しているうちに、それまでの量では効かなくなる“耐性”という性質があります。
一回だけと思って始めた人も、薬物の“依存性”と“耐性”によって使用する量や回数がどんどん増えていき、どうしようもない悪循環に陥ります。もはやそうなると自分の意思だけではやめることはできません。

恐ろしいフラッシュバック
薬物乱用の害は半永久的に続きます。乱用をやめ、治療によって普通の生活に戻ったようでも突然、幻覚・妄想などの精神異常が再燃することがあります。
これをフラッシュバック(再燃現象)といい、ストレスなどほんの小さなきっかけで起こってしまいます。
覚せい剤の乱用などでひとたび精神異常が生じると、治療によって表面上は回復しているようでも、精神異常が再発する下地が確実に残されているからなのです。


お問い合わせ

健康福祉部生活衛生局薬事課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2413

ファックス番号:054-221-2199

メール:yakuji@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?